5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【日本宇宙開発】有人宇宙飛行の是非-Fly Me To The Moon

1 :朝まで名無しさん:04/03/14 07:31 ID:5ahuAmua
NASAは火星で水と塩めっけた。
中国は有人飛行に成功した。

日本は、、、日本は、、、まだノズルの欠陥とかいってる。。。。
日本の宇宙開発はコレで良いのか?
なんでこんなんなんだ?

Fly Me To The Moon.
私を月まで連れて行って。

日本のロケットで、シャトルで日本人宇宙飛行士を。


Yahoo!宇宙開発ニュース集
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/space_exploration/

2 :朝まで名無しさん:04/03/14 07:36 ID:iG0EtvO0
無理だよ

3 :朝まで名無しさん:04/03/14 07:40 ID:5ahuAmua
日本の巻き返しを!超党派「宇宙議連」発足へ

 H2Aロケットの打ち上げ失敗などで立ち遅れている日本の
宇宙開発の巻き返しを図るため、自民党の中川秀直国会対
策委員長や井上防災相、民主党の鳩山由紀夫・前代表らが
発起人となって、超党派の「日本・宇宙議員連盟」を発足させ
る。17日に宇宙飛行士の毛利衛さんを招き、設立総会を開く
予定だ。

 宇宙議連は、有人宇宙飛行に成功した中国などと比べて日
本の宇宙開発が遅れていることから、科学技術予算の重点配
分などを求めていく方針。フランスなど外国の宇宙議連との協
力や、科学教育の推進なども計画している。(読売新聞)
[3月14日3時11分更新]

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040314-00000501-yom-pol

4 :tooo:04/03/14 07:44 ID:WLPXCVlA
フランスの耐圧技術は、有効なはず。

5 :朝まで名無しさん:04/03/14 07:47 ID:GR6uNtqP



  日本の宇宙開発予算 年間2000億円
  中国へのODA     年間2300億円
  アメリカの宇宙開発予算 年間1兆円以上(+軍事費)



予算少なすぎの状況で今までよく頑張った!


6 :社民党:04/03/14 08:54 ID:U+mfLcyP
日本が宇宙に行く必要性を説明してください。
全ての国民が100%理解するまで何度でも何度でも説明してください。
全国民が納得するまで説明してください。


あ、ところで中国様が有人打ち上げを実現したとか。
おめでとうこざいます。


7 :朝まで名無しさん:04/03/14 10:09 ID:FHzA8J3B
冥界への片道切符でいいなら安上がりなんだが

8 :朝まで名無しさん:04/03/14 11:30 ID:pw99D5Fp
>>6
日本の技術力を世界に見せつける 核戦争が起きたら非難して避難する
宇宙に資源があるかもしれない  軍事の面で宇宙は大切
医療などでも宇宙は注目されている  いずれは火星移住




9 :朝まで名無しさん:04/03/14 11:59 ID:v5LJnOOt
>なんでこんなんなんだ?

そうやって一歩一歩経験を蓄積することを否定して
予算と人員をバリバリ減らしつつ罵倒し続けるのが
いちばんまずいわけだが

10 :朝まで名無しさん:04/03/14 12:04 ID:wBg6Istm
日本では万一失敗して死人が出た場合の対応が厄介なので有人は無理です。


11 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:08 ID:NrecJJiI
最新技術適用すれば神舟以下のコストで開発も

 技術の陳腐化のほうはより深刻な問題だ。宇宙機技術では、一度
打ち上げたら修理ができないことから信頼性がなによりも重視される。
使用する部品はさまざまな試験にかけて信頼性を確認し、いったん確
認した部品は長期間にわたりさまざまな計画で使われ続ける。

 ところが、その結果、宇宙機技術は高速で進歩する民生品技術の恩
恵を受けられなくなってしまった。典型例が電子部品で、宇宙用に信頼
性が確認された部品は、同じ性能でも秋葉原価格の100倍以上の価格
となってしまう。しかも性能は低い。人工衛星搭載コンピュータは今も16
ビットが主流で、クロック周波数は電気店で買えるパソコンの100分の1
以下だったりする。

 スペースシャトル初飛行から22年、その間に進歩した技術を正しく
適用すれば、有人であれ無人であれ宇宙機のコストは劇的に下げら
れる可能性がある。中国は神舟開発に11年間で180億元(2520億円)
をかけたという。確かに安いが、どうやら神舟は従来のやり方で開発
されたようだ。「ふじ」構想の検討では、この半額以下の予算で有人飛
行に持ち込める可能性が議論された。

 従来と異なるやり方で新しい技術を適用した場合、どれほどのコスト
で有人飛行が可能になるかは、あらためて先入観なしに検討しなけれ
ばならない事項である。
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/272478

12 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:09 ID:NrecJJiI
アメリカのシャトルでなら死んでもいいのか

 日本社会が有人の事故に耐えられないとする意見は、
先入観ですらない。

 現在、日本はアメリカのスペースシャトルを利用した有人
活動を実施しており、何人もの宇宙飛行士が選抜されてい
る。そしてスペースシャトルは2月のコロンビア事故を見ても
分かるように、死亡事故につながるリスクを持った乗り物で
ある。それに日本人飛行士が搭乗するということは、日本の
計画による日本人飛行士のリスクを容認していることである。

 日本社会が有人の事故に耐えられないとするなら、スペー
スシャトルへの搭乗も中止しなくてはならない。独自の有人
活動とスペースシャトルの違いはどこにあるのだろうか。


 一つだけ考え得るのは、「日本が日本の責任で開発して
運用する乗り物で死者がでるのはまずいが、アメリカの乗
り物で死者が出るのはかまわない」ということだろう。自分
の責任でないならリスクは容認できるという責任逃れの思
考だ。

 このような思考に漢字を当てはめるなら「卑怯」という文字
がふさわしいだろう。

 すでに「踏み出してしまった」日本が、宇宙飛行士のリスク
にどう対処するかは、独自有人活動とは切り離して考えなく
てはならない。
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/272478

13 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:12 ID:NrecJJiI
「有人宇宙飛行」目指す…政府、宇宙開発政策を見直し
01/29/2004   PSY-ON的ニュース  


 政府は29日、現在の日本の宇宙開発利用政策を抜本的に
見直す方針を固めた。失敗が続く国産ロケット打ち上げや人工
衛星の開発技術などの見直しのほか、凍結していた日本人宇
宙飛行士による独自の有人宇宙飛行についても、早期実現を
視野に再検討する。

 関係閣僚と有識者による政府の総合科学技術会議(議長・
小泉首相)が同日夕の会合で、新方針を今年夏にも策定する
ことを決める運びだ。

 有人宇宙飛行については、同会議の宇宙開発利用専門調
査会が一昨年6月、「有人宇宙活動については、今後10年程
度を見通して独自の計画を持たない」とし、独自計画の策定そ
のものを当面放棄する方針を打ち出していた。読売新聞
http://www.psy-on.com/newsver103b/news/2004/012901/



14 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:18 ID:NrecJJiI
>>11-13のソースを踏まえ、さらに宇宙への夢をスパイスにして
思うとき、やっぱし日本ももっと本格的に宇宙開発に乗り出してほしいなって。

安く高性能でコンパクトは日本のお家芸だし。

15 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:44 ID:R1MeSeN0
>Fly Me To The Moon.
>私を月まで連れて行って。

その英語が正しいのかどうか、誰か解説して!

16 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:48 ID:NrecJJiI
>>15
それ、解説も何も、有名な歌の題名。

17 :朝まで名無しさん:04/03/14 13:56 ID:NrecJJiI
Fly Me To The Moon.
http://www.mmjp.or.jp/amlang.atc/audio/peggy_fly.htm

↑ここをクリックするとでフルで聞けます。

18 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:13 ID:QCB3Biw8
>>15
私を飛ばせ、月まで→私を月まで連れてって

19 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:19 ID:NrecJJiI
先端ミッション研
http://giken.tksc.nasda.go.jp/Group/sentan/index.html
【ふじ】カプセル型有人宇宙船総合【神舟】

http://travel.2ch.net/test/read.cgi/space/1067501982/


20 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:20 ID:NrecJJiI
頼むから、本当に予算付けてあげてよ。。。
http://giken.tksc.nasda.go.jp/Group/sentan/cbmodel/photo.jpg

21 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:31 ID:9rR/JDSN
>>5

22 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:41 ID:NrecJJiI
あ、コレ貼っておかないといけなかった。
2003年10月1日、航空宇宙技術研究所(NAL)、宇宙科学研究所(ISAS)、
宇宙開発事業団(NASDA)が統合され、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
が誕生しました。
NASDA
http://www.nasda.go.jp/index_j.html
      ↓
■JAXA
http://www.jaxa.jp/

23 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:44 ID:UqZZvL8Q
中国へのODA止めれば、数年で目処だ立つんじゃないか?

って、無理か。
日本が有人宇宙飛行とかを妨害する輩が「福祉に予算を回そう」とか言って。

24 :朝まで名無しさん:04/03/14 14:46 ID:VZXddvIa
JAXA将来ミッションの研究(日本独自の有人宇宙船構想)
http://www.ista.jaxa.jp/aet/space/space-d01.html
http://www.so-net.ne.jp/SF-Online/news.html?198
書籍“われらの有人宇宙船”
http://www.nttcom.co.jp/comzine/new/pickup/book.html
http://www.shokabo.co.jp/mybooks/ISBN4-7853-8758-0.htm

現在の方針その他の問題点
書籍“国産ロケットはなぜ墜ちるのか”
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e8f7e2421dff01003b5?aid=&bibid=02402855
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_message.cgi/3e8f7e2421dff01003b5?aid=&tpl=genre/08/rocket-p1.html

予算について
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/4025/Budget.html
http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/ntec/272117

25 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:12 ID:NrecJJiI
ね、これから政治家がJAXAに入れ込んだとして何か政治家にとってのメリットある?
票とか利権とか。


26 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:21 ID:nOpFscZy
SFヲタは票を入れるかもな・・・

老人は入れないだろう。それより「フクーシ」というにちがいない。


27 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:32 ID:qkI5+2J0
人型ロボットについては「ドラえもん」「ガンダム」という
分かりやすい目標があった。
だからこそ日本は人型ロボットの分野では一定の成果を挙げている。

ロケットではどうか。
日本には宇宙戦艦ヤマトがあるではないか!
目標が低かったからH2なんて人も乗れないチンケなロケットしか作れないんだ。
「宇宙戦艦ヤマトをつくろう」
これをスローガンにやるべきだ!
欠陥ノズル?そんなもん捨てて反重力エンジン作れよ!
スイングバイなんてまどろっこしいことしてないで、
ワープ航法で火星まで2時間で行けよ!
石油採掘職人なんか使わないで、波動砲で隕石消滅させろよ!

28 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:33 ID:NrecJJiI
>>26
あんまし選挙に行きそうにないよ、アニヲタとかSFヲタとか。
例えばホンダのロボット開発とかだとそのうち介護できる水準まで技術が上がったら
即福祉利権でウマーだから厚生族が飛びつくだろうけど、
宇宙開発ってなんもないような。



29 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:35 ID:NrecJJiI
そういえばNASAはどういう利権構造なんだろ?
単純に国策だからあんなに金、、、、、あーーーーっ、
軍事産業か!!

30 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:37 ID:nOpFscZy
>>28
あえていうならば、資源確保かな。月や火星や木星やらにいって、
いろいろ鉱物資源をかっぱらってくる。
無重力状態での新素材開発なんてのも考えられているようだが。

あとは宇宙軍の創設とか。三菱あたりが喜ぶのだろうか・・・

でも、初期投資に凄い金がかかるんだよな。

31 :朝まで名無しさん:04/03/14 15:52 ID:NrecJJiI
な?日本独自でBMDを開発したらいいじゃん?
これだったら「自衛」だし、兵器開発じゃなくて対兵器開発だし。
バトリオットはもう役立たずらしいし、コレ需要が世界中にあるし
ミサイル開発とロケット開発は似たようなものだし、地対空だけではなく
宇宙対空の構想だってアリだし、技術開発の予算取には最適のような。

名づけて「宇宙防衛隊JAXA」

カコイイ。

日本は世界初の宇宙戦士、それも地球の平和を守る宇宙戦士誕生を目指せば?
たぶん無茶苦茶ウケルと思うよ。



>>30
実際に宇宙に住み始めてから出てくる需要なんだろうね。しかし現状は夢物語。


32 :朝まで名無しさん:04/03/14 16:30 ID:ydCqTyLO
>31
そういうのはこっち
http://www.jda-trdi.go.jp/

それにロシアがとっくの昔に宇宙軍作ってるぞ?


33 :朝まで名無しさん:04/03/14 16:54 ID:Z3IRIXtz
宇宙開発を本格的(航宙時代)にするには、
人間の欲望を刺激するような物がなければ叶わないだろう。

  @企業       富=ゴールドラッシュ(宇宙工場と特許・観光)
  A野郎       新世界=桃源郷 (現地に美人存在するなら、なお良し)
  B大国       世界征服=制宙権 (宇宙基地要塞・戦艦・戦闘機・MSの出番もあり)
  C飛行士と科学者  宇宙生命=宇宙人・生命体 (やっぱ美人かな・・・)
  D一神教徒     絶対的存在・真理=神 (究極の名誉・モノリスも可)

自分としては、ACDの目標が立てば、特に西欧の連中は、
ありとあらゆる犠牲を享受して、目標に向け驀進するであろう事を疑わない。
中国の場合、権力と銭に直結しない生命・神等、全然有難がらないので、
@とBを目標としているのだと思う。
日本の場合残念ながら、野郎共全然覇気が無いので、
現在のところ@だけと思う・・・将来は判らないけれど。
自分としては、下の奴を希望したい。

  E全人類  侵略者=タコ型宇宙人  (人類の種の危機・生存を掛けた総力戦)

34 :朝まで名無しさん:04/03/14 19:07 ID:fSaEbOyB
金や交渉では得られず非常に意味のあるもので何か一つだけでもいいからその国だけのものを
日本にも持ってもらいたい。技術が万能というつもりはもちろんないけど、
やっぱり、アニメや文学とか金融とか平和が長く続いてるから成り立つものではなくて、
技術を日本人みんなが大切にするような国になってくれないかな〜。
イタリアやブラジルの人たちがサッカーを大事にしてるような感じで
日本も技術に関心を持って大事にするというイメージ。


35 :朝まで名無しさん:04/03/14 20:36 ID:FZGkV/TT
憲法改正して正式な軍隊を持てーーーーーーーーーー。そのあと有人飛行。

36 :朝まで名無しさん:04/03/14 20:36 ID:Q8GYBgMc
要するに”金と技術の使い方”なんだと思うよ。
戦後、稼いできた金は、海外に流出させられ、反対に金に縛られ、
培ってきた要素技術は活かしきれない。

敗戦国だからこそ戦略性が必要だったのにね・・・。
これからは、国家が生き残るための戦略がより必須になる。
>その国だけのもの を持つ 国民のコンセンサスを得ることだね。

そんな時代でもなお、お役所仕事してたら100%先はないぞ。
有人飛行や宇宙開発の是非も、そうした視点で考えて欲しいね。

37 :朝まで名無しさん:04/03/14 23:02 ID:9rR/JDSN
まぁ,現実を知らない人は勝手に語るね.
現実に直面している人は戯言言わないし
無理なことも言わない.

38 :朝まで名無しさん:04/03/15 00:19 ID:dyFmX2Rl
>>37
現実キボン

語って

39 :朝まで名無しさん:04/03/15 01:35 ID:CeWVR3OL
>>5
ところで、いつから1$は\70〜\80になったんだ?
NASAの予算は$13〜14Bだと思ったが。

40 :朝まで名無しさん:04/03/15 04:54 ID:CRR3x4bP
取り敢えず、スレタイに答えるならば、
有人飛行はそう急ぐこともなかろうと
なるんじゃねーの?
まあ、基礎研究くらいなんとかせんと
あかんが・・・

41 :朝まで名無しさん:04/03/16 05:19 ID:wuZynuJQ
現実は大きく変えようがない!
などと言っているが、
外圧でコロッと変わってしまうのが、なんとも・・・。
要するに、横並び&足の引っ張り合いは変えようがない、
ってことでわないか。

42 :朝まで名無しさん:04/03/16 05:25 ID:5kL3w1s0
>40
すでに基礎研究の段階は終わってると思うんだけどね・・・。

43 :朝まで名無しさん:04/03/16 05:47 ID:nYrSeh7z
EVAの方は進んでるんだけどな・・・

44 :朝まで名無しさん:04/03/16 06:06 ID:OoGU+Ka2
>>27
おもわず吹きだしてしまったじゃないか

だが宇宙開発にはこういう発想も必要かもな
ネタではなくある意味一番リアル

45 :朝まで名無しさん:04/03/16 11:42 ID:xbpMjKhZ
宇宙に出てもイスカンダルがある訳じゃないし、遊星爆弾も落ちてこない。
日本人は、宇宙という(一見)何もない場所に、
目的意識やリアリティを持ちにくいんじゃないかなぁ?
本来は地上的な民族なんだと思うよ。
なので、とりあえずは、
宇宙港が作れる!!宇宙駅ができると地域が潤うぞ!!
という土建屋発想で行こう!(w
(本末転倒だけど、これが一番説得力ありそう?)

46 :朝まで名無しさん:04/03/16 12:36 ID:8/HHnsXJ
>>8
宇宙技術で他国に誇れるものはありません。
日本の全人口を乗せられるロケットなんて不可能です。
宇宙のどこに資源がありますか?証拠を見せてください。
軍事に有人飛行は不要です。衛星打ち上げ技術だけあればOK。
医療の何に有効ですか?それに特化した宇宙開発ならば意味があるかもしれません。
火星に移住する必要性とコストを示してください。

現時点で有人飛行の必要性は全く見えない。

47 :朝まで名無しさん:04/03/16 21:57 ID:MSGqWVAy
>45
宇宙港は赤道上にしか作れませんよ・・・。

48 :朝まで名無しさん:04/03/17 03:35 ID:V47Ug6FK
>>46
彼方に目標を見つけた時、あれこれ難癖をつけるのはただ「野暮」というものだ。
それこそ、何千年もの人類の歴史の中でいくらでも類例が見られる。

たとえ、目的地には荒涼たる砂漠しかないとしても人はそこに向かうものだ。
そこに向かうこと、それ自体が人々にとっての「夢」である限り、人はレミングのように
ただ目的地に走り続ける。そして、それが歴史となっていくのだ。

21世紀に渡る大海が宇宙だというのなら、それは私達が夢見るにふさわしい
大海だと考えたい。せいぜい、われら黎明にいる者はそれが生み出す
ロマンを夢見て、静かに眠りにつく事を楽しむべきだろう。

49 :朝まで名無しさん:04/03/17 04:03 ID:FnLau0Sv
>>46
なぜに全人口…行きたい人が行くんでしょ。嫌な人は地上に残ればいい。
この場合、他国に極度に依存せずに自立的な選択肢を持つ事自体が重要
でないかと思うのだが。

50 :朝まで名無しさん:04/03/17 05:28 ID:fWf6v52G
まあ、宇宙も利権構造と似たようなもん
だから、取り敢えず乗っておかないと
後でおこぼれにありつけませんからな。
かといって、今すぐに有人飛行を行うと
いう差し迫った必要性はないワケで。
んなもんより、H-IIAをなんとかせんと
あきまへんよ。
少なくとも神州みたいな有人飛行は無駄
っしょ。

51 :朝まで名無しさん:04/03/17 05:40 ID:FPxhNdkr
>50
とりあえずカプセル式でいいから開発しといた方がいいと思うんだけどねぇ・・・。
宇宙船の開発には簡単なカプセル式でも10年はかかるから、
需要が出来てから開発を始めたんじゃ、
アメリカ・ロシア(+EU)・中国にシェアを持ってかれて、
開発が終わったときには後発が割り込む余地はなくなっているおそれもある。

52 :朝まで名無しさん:04/03/17 06:26 ID:fWf6v52G
>>51
カプセル式って、神州がやってる古式ゆかしき方式け?
それだったら(今更)やる意味無い。
そもそも、打ち上げ方法から検討しなきゃあかんぜよ。
シャトルもどーかと思うぞ。
どっちにしろ、今のライトスタッフ的なやり方を
してるうちは安心だから、その先を見るべしよ。
日本の宇宙開発は、名より実をとるべし。

53 :朝まで名無しさん:04/03/17 12:06 ID:FA3OptAJ
万一、日本が有人衛星船を打ち上げるとなると、種子島から打ち上げることになるのか。
それとも国内の別の場所? もしくはクリスマス島? 何か、種子島射場は狭すぎて発展性に欠ける気がするんだが…

54 :朝まで名無しさん:04/03/17 18:22 ID:xL4cFK/W
>>53

日本の十八番メガフロートで、
四方2kmの小山のような発射基地でも造るべし!
海蛍基地とでも名付ければ良かろう。
そして東京湾のど真ん中から発射すべし!
花火大会よりも壮麗かつ厳かな光景が、一年中見れる。

55 :朝まで名無しさん:04/03/17 21:02 ID:yaTBx24u
>53
気がするどころではなく、まさにその通りらしいです。
国内法により、爆発物はその量にあわせた安全距離を確保する必要があります。
H-2の打上げ能力は、一番近い集落と射点の距離から逆算した最大の燃料を
搭載することで決定されているそうです。
ただ、LRBとか5mコアとかの話もあるので案外デマだったのかもしれません。

>54
一年中って言えるだけの打上げがあればいいですね・・・。

56 :朝まで名無しさん:04/03/19 00:46 ID:eiIo4jdF
HTVへの機能付加
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-5.pdf
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-11.pdf
http://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/cosmo/haihu19/siryo19-1-2-12.pdf

有人カプセルへの序章?

57 :朝まで名無しさん:04/03/19 00:47 ID:eiIo4jdF
第20回宇宙開発利用専門調査会開催案内を掲載
http://www8.cao.go.jp/cstp/katsudo/cosmo/annai20.pdf

宇宙輸送システムについて話し合われる模様。

58 :朝まで名無しさん:04/03/19 01:09 ID:hmFatUrQ
>>56
内容を見たいんだが見れない。保存したあと開いてもダメ。俺だけかな・・・・・


>>57
そっちの内容は見れた。

59 :朝まで名無しさん:04/03/19 20:05 ID:od+L8vvH
>>48
ロマンだけのために税金使われちゃぁ、たまらない。
コロンブスが探検航海に出たときだって、探検がもたらす経済的利益を説明して、
そのうえで国家から補助を得た。(説明が当を得ていたかどうかは別にして。)
JAXA、あるいは他の誰かが、宇宙開発のもたらす利益について説明しただろうか?
漏れは誰からも聞いたことがない。

趣味でやるんなら反対はしないが、国の金は使わないでもらいたい。

少なくとも、JAXAに任せてロマンを求めるのは間違いだとは言えるよ。彼らは単な
る官僚の集団だから。(彼らと付き合ってみればわかる。)

60 :朝まで名無しさん:04/03/20 05:36 ID:UAxsJ++7
>>58
見れるよ。アドビの最新版入ってる?
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html

ちなみに元はここ、総合科学技術会議
http://www8.cao.go.jp/cstp/

61 :朝まで名無しさん:04/03/20 13:17 ID:p0ssJzlt
>>59
どのみち別方向の男のロマンに税金が使われてることを考えれば、
よほど前向きだよ。

いつまでも地球に引き籠もってないで宇宙へ出ろ。
話はそれからだ!

62 : ◆SALA/cCkcU :04/03/20 19:45 ID:SLLMxo2O
ね、夢物語を承知で書くけどさ、リニアモーターカーの技術があるでしょ
日本には。

SFとかだとカタパルトに使われていたりしますよね?
あれってどうなのです?
素人考えだと、シャトル本体から補助ロケットを切り離せて、シャトル自体の
設計がより簡素になり機体への負担も減るのじゃないかな、設計が簡略化されれば
コストダウンに繋がるンじゃないかな、リニアカタパルトのインフラ事業として一度
予算を取ってしまえば後々楽なんじゃないかな?
とか色々思うのです。

実際問題としてホントに有効な発射システムなのですか?
エロイ人、おながい。

63 :朝まで名無しさん:04/03/21 01:12 ID:4sguyQbd
>62
航空船舶板で既出だが、そのときの結論。
1.既存のリニアモーターカーはせいぜい時速500kmまでしか加速できない。
  軌道速度(7.9km/s)に必要なエネルギーの1/5000でしかない。

2.地上のカタパルトで音速以上に加速すると衝撃波や熱が問題になる。
  問題解決にはとんでもない金がかかり、コストダウンにはならない。

3.加速度を抑えるとカタパルトのレールが数十kmの長さになる。

4.カタパルトで得た速度のほとんどは、軌道高度に達する前に空気抵抗で失われる。

よって、リニアカタパルトは夢物語。(少なくとも今の技術レベルでは)
空気の濃い大気圏内で加速するよりも、なるべく早く空気の薄い上空へ持っていった方がいい。

64 :朝まで名無しさん:04/03/21 07:15 ID:nHNCBhwS
>>58
俺もReaderの古いバージョンだとエラーが出て、読めなかった。
バージョンアップしたら見れたよ。

65 :朝まで名無しさん:04/03/21 14:59 ID:Tu2HZgva
TBSラジオすぐ聞け。
今やってる伊集院光の番組で
このあと宇宙開発の講義やるぞ。
講師は三浦靖子。

66 :朝まで名無しさん:04/03/21 17:59 ID:FDnq5iLb
>>65
光浦靖子に見えたぞ

67 :朝まで名無しさん:04/03/21 18:33 ID:UJnte4//
>>60

ダウンロードしたら見れたよ。

68 : ◆SALA/cCkcU :04/03/22 19:50 ID:B9krFply
>>63
うわ゛。

ぐうの音も出ません。
そうっすよね、地上で加速しても空気抵抗があるからそのスピードを維持する
エネルギーが増加し、結局もとの木阿弥。
それでも尚且つ加速すると、火の玉のようになった打ち上げのイメージが。。。

宇宙は遠いなぁ。

69 :朝まで名無しさん:04/03/22 20:00 ID:OYxOOGpx

やっぱり、軌道エレベーターでしょ?(笑)

70 : ◆SALA/cCkcU :04/03/22 20:12 ID:B9krFply
き、軌道、、、、どんどん宇宙が遠ざかっていく・・・・

71 :朝まで名無しさん:04/03/22 20:25 ID:NgQI1dbY
いやー。どっちが現実的かというと、甲乙、いや、丙丁つけがたい。

個人的には空飛ぶ自動車のほうが・・・・いや!必ず髪が生えるのほうが!

72 : ◆SALA/cCkcU :04/03/22 21:05 ID:B9krFply
>>71
そうだね、宇宙より身近な現実。
バイオに科学の花形が移ったのを見ると一目瞭然。

やっぱ夢なのかね、日本のFly Me To The Moon. は。

73 :朝まで名無しさん:04/03/22 22:40 ID:9ogWCVXg
まあ、スクラムジェットがなんとか
実現出来るなら、初期加速をリニア
で後はという話にはなるが、そんな
ことよりH2をなんとかしませう・・・

74 :朝まで名無しさん:04/03/22 23:20 ID:+b2db5ja
>73
そうそう。飛ばなかった7号機はもっときちんとした場所に展示してほしい。

75 :朝まで名無しさん:04/03/23 02:07 ID:volka92C
>>63
ただし、大気の星、例えば月の資源開発では有効。
したがって、日本のリニアモーター技術は無駄ではない、はず?

76 :朝まで名無しさん:04/03/23 02:07 ID:volka92C
>>75
×大気の星
○大気のない星

77 :朝まで名無しさん:04/03/27 09:36 ID:z1L3X/Mt
>>52
シャトル式のコンセプトの方がカプセル式より古くからある事は殆ど知られていない?

>>72
歩みは遅くとも、出来る事から着実に進めて欲しいでつ。
有人もいきなりスンゴイのを目指そうとするから余計に先が見えないわけで…
携帯電話を目指すのもいいけど、電話その物をまず何とかしなきゃみたいな。

78 :朝まで名無しさん:04/03/27 09:55 ID:bhCbPJTe
>>77
シャトルの方式が古くからあったって、
ダイナソアが直接の祖先じゃねーか。
#ゼンガーまで遡るのか?
こんな事言い出したら「ベルヌの月世界
旅行がカプセル方式の祖」なんて話が
出てくるぞ。

79 :朝まで名無しさん:04/03/27 12:43 ID:uuCQ4AfI
ダイナソアはとりあえずゼンガーまでは遡るんじゃなかったっけ。
#カプセルの祖は鈍頭再突入体の理論だっけ

80 :朝まで名無しさん:04/03/28 13:45 ID:7lMkqkMA
>1.既存のリニアモーターカーはせいぜい時速500kmまでしか加速できない。

例えば空中発射方式などをとる場合に、母機のエンジン出力、積載重量、または
搭載燃料や滑走路長などによって「設計上あり得べからざる」離陸重量を実現す
る足しにできたりもする。時速500キロであってもね。

だからリニアが正しいというわけではないが、得意分野を組み合わせる努力はも
うちょいしてもいいような。発電衛星も駄目なら駄目と諦めがつくぐらい研究し
てほしいし。

81 :朝まで名無しさん:04/03/28 13:48 ID:5L3k7fAw
宇宙企画

82 :朝まで名無しさん:04/03/28 16:35 ID:/zGy3Juf
>>79
ゼンガーの場合、評価が難しい。
なにしろ、元が「上がって下がって
上がって下がって、目標ニューヨーク」
という、今でも「( ゚д゚)ポカーン 」な
代物だから。
現実には直接米本土からドイツを叩ける
B36を作った(間に合わなかったけど)
アメリカの方が偉かったかのー?
ダイナソアの場合は、もう完全なプロトタイプ
の「スペースファイター」のノリだからね。
まあ、ドイツを中心とした往還機のプロジェクト
は「ゼンガー」だけど。

>>80
重量とカタパルトの長さによるけど、リニアって
考えられてるのが「カタパルト」だから、
離陸の際の燃料の重量をケチる事が出来ると思うよ。
もちろん、ペイロードに余裕が出来るという事もある。

83 :朝まで名無しさん:04/03/28 21:58 ID:bwgB+5jn
日本がやるべきことは、二足歩行単独行動が可能なロボットを月に立たせることだ。
名前は「アトム」でもドラえもんでもかまわない。

84 :朝まで名無しさん:04/03/28 22:12 ID:Mx4HrG+I
リニアカタパルトの利点がゼロと言うわけでは無いんだけど、
コストが馬鹿高いのでそれをペイできるだけのメリット(と需要)があるかというと
かなり疑問符が付くってこと。

>発電衛星
静止軌道からマイクロウェーブで電力輸送だからなぁ・・・。
マイクロウェーブの経路上に他の衛星が入ったりしたら危険じゃないだろうか。

85 :朝まで名無しさん:04/03/29 00:23 ID:6Vq0i/W2
>>83
無意味。

86 :朝まで名無しさん:04/03/30 17:32 ID:/Be9RBY3
リニアカタパルトより、リボンだよなぁ。

87 :朝まで名無しさん:04/04/03 17:04 ID:z29tJKfw
>>85
意味を問うなら、有人宇宙飛行だって無意味。
マインドの話をしてるんでしょ。
日本人だと見知らぬ他人より、親しいロボットの方が仲間が行った気持ちになるという。

88 :朝まで名無しさん:04/04/04 01:52 ID:WQvrOb7e
>87
ロボットが行くと、ロボットそのものよりもそれを作った技術者に話題が流れそうな気が。
まぁ、宇宙飛行士ってのは個人の資質だから、それよりは
組織の力を要求される物作りの方が日本人好みの話かも。

89 :朝まで名無しさん:04/04/04 18:08 ID:z7ZyDxRR
例えば日本人宇宙飛行士をシャトルに乗せてもらうより、人型(ここで言ってるのは
これだよね?)ロボットを乗せてもらう方が仲間が行った気持ちになるのだろうか。
少なくとも作った関係者はそうだろう。壊れても人命じゃないから問題ないっていう
精神的な逃げ道もあるし。

>88の言う通り、行くと本体だけでなく、それを達成した物作りや技術者にも
興味が行く。これは有人でも同じじゃないかな?特に日本みたく安全要求等
を高く求める場合は…。

ロボット/有人の2つを対比させる考え方で終わってしまうのはどうかと思う。
(究極的には、「ロボットで済むから人は家から出るな」って感じみたくなりそうw)

90 :朝まで名無しさん:04/04/04 18:18 ID:q1AUs5WQ
ロボットもいいけど、最終的には月面などで有人活動が始まることを考えると
その基礎技術を今のうちから積み上げておきたいね。

91 :朝まで名無しさん:04/04/05 09:16 ID:f3SDE8ws
>>89
SF板にこんなんありました。民族性ってやつかな。

472 名前:名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2003/11/15(土) 02:56
昨今の宇宙開発の話題で思うところがある。
日本と中国の民族性の違いについて。

とりあえず、日本としては「無人での開発が中心」ということになってる。
(負け惜しみだなんだというのはおいといて)
確かに日本という民族性にあってるのかもしれない、なんと言っても300年も鎖国してた国だし。
国内に来たものは、なんでもかんでも自分風にアレンジして吸収するけど
国外で自分を表現するのはへたくそ。

一方、中国というのはどんな国にも中華街があるくらい世界中にはびこってる。
実際、今回のロケットでも「ありものでいいからとりあえず」打ち上げたって感じだし。
まるで、丸太のいかだで大海に挑むような感覚。

まあ、何がいいたいかというと将来、宇宙開発が進んでいろんな国がコロニーやら
惑星植民やらするようになっても、案外日本は地球にあって、ロボットに宇宙開発させるような
文化なのかな?って気がした。アリ社会とでもいうか。

それに対して、中国は、ドラム缶にロケットつけたような宇宙船で平気で宇宙を飛び回りそうな
気がする。で、たぶんどんな街やコロニーにも中華街作りそうな気がする。

どっちが良いとか悪いとかじゃないけど、SFによく出てくる、二つの対照的な文明の
発端を、この間の中国ロケットの発射とそれに対する日本の評論は、表してるように思えたんだよね。


92 :朝まで名無しさん:04/04/05 09:54 ID:KzToZGv5
中国って、ルネッサンス以前は
「世界に冠たる超先進国」だった
ワケで、核兵器にしろミサイルに
しろ、そーいう心理状態が影響してる
と見ていいんじゃないかね?
日本の場合、外からの脅威がないと
こういう先進的な事やらんし、例えば
間宮林蔵の北方探検なんてその例だ罠。
逆に単なる探求心だけなら、白瀬の
南極探検のように、プライベートでの
活動となる。
まあ日本の場合、国家プロジェクトと
して進めると、ロクなもんにならんと
いう悪しき弊害はあるんだけど・・・

93 :朝まで名無しさん :04/04/07 12:13 ID:782p9A/V
古来から持っていて中華思想に加えて、
中国は列強の半植民地状態に陥った苦い経験から、その後、強烈な民族・国家主義が
芽生えた。これも有人計画にはプラスに作用した。


94 :朝まで名無しさん:04/04/09 00:38 ID:EP53+pYp
JAXA、的川教授のコラム
http://www.planetary.or.jp/magazine/YMC040407.txt

95 :朝まで名無しさん:04/04/11 23:02 ID:canji0vp
負けたく無い

96 :朝まで名無しさん:04/04/13 19:59 ID:PLq18XPD
>>94
読んだ。
有人飛行こそが青い鳥であって、もはや追いかけるべきではないかと。
ボトムアップで有人飛行をやめさせるべきかと。
今やめなかったら、今後30年間にわたって有為な人材と資金が無駄に消費されて
しまうかと。

本気で考えているなら、情に訴えずに合理的に説得する努力が必要なんじゃ・・・
的川先生・・・・

97 :朝まで名無しさん:04/04/14 06:02 ID:LVDC+0mE
第142回 4月20日放送予定
「毛利飛行士 衝撃の危機脱出」
〜技術者たちの総力戦〜


 平成4年9月、アメリカ・ケネディー宇宙基地。打ち上げを目前に控えたスペーシシャトル・エンデバーに、日本中の視線が向けられていた。
あの毛利衛が、日本人初の宇宙飛行士として、未知の世界・宇宙への発進を実現しようとしていたからである。
 しかしこの時、実は、毛利にはもっと大きな使命があった。
宇宙の無重力空間で行なう34項目に及ぶ実験。次世代の半導体作りや、
超高性能の光ファイバー作り。技術立国・日本の将来が毛利の手に託されていた。

 エンデバーには、秘密兵器が搭載されていた。わずか七日間のシャトル飛行、
その間に34もの実験を可能にする前代未聞の実験装置だった。
組み込まれた5つの電気炉はすべて全自動運転。
しかも、同時に複数の運転が可能な制御システム。その名は「ジャパンラック」。
日本の国産ロケットを開発してきた技術者たちが、苦難の末に開発した物だった。

 しかし、無事、打ち上げに成功したエンデバー。その直後、衝撃の事態が毛利を襲った。
「ジャパンラック」が故障。冷却水が漏れ出し、シャトルに炎上の危機が迫った。
「あのチャレンジャー号以来の最大の危機」。NASAは騒然となった。
その時、宇宙の毛利と、地上の日本人技術者。運命の大勝負が始まった。

 番組は、日本初の宇宙飛行士の陰で繰り広げられた壮絶なドラマを描く。


http://www.nhk.or.jp/projectx/yokoku/yokoku.html

98 :朝まで名無しさん:04/04/19 21:09 ID:ccsy5e7s
>>97
失敗の歴史もプロジェクトXに採用されるのねw
NHKもネタ切れかな・・・

99 :朝まで名無しさん:04/04/19 21:21 ID:x+3EDTwO
中国のように危険性や人命を度外視すれば日本でも直ぐにでも有人飛行は可能だと思うけど。
問題は有人飛行の費用対効果でしょ?
中国の有人飛行は、単に人間が宇宙に出て地球の周回軌道を回っただけ。
これ自体は意味がない。データ取りならNASAとロシアに山ほどあるしね。
あれは完全に国威発揚のデモンストレーションでしかないんだよね。
次は月を目指すみたいだけど、どうなることやら。
マスコミも国民も政治家もあまり目を向けないけど、実は宇宙よりも海の探索の方が日本にとっては有益。
深海は気圧の関係もあって、人間の詳細な探査が今だ行われていないけど
例えば深海の未知の微生物などには薬学などの分野で新しい可能性が指摘されているし
また最近注目の新エネルギーも海の底にある。
宇宙よりもまだ手つかずの深海探査の分野に日本は資金と技術を投入すれば
今なら世界最高の探査技術を確立独占できる可能性があると思うけど。

100 :朝まで名無しさん:04/04/19 21:33 ID:TAFYnVNr
>99
大陸棚調査の期限もせまってるしな。
・・・そして、そういうときにH-2AのSRB-A捜索が割り込んだんだが。
あれが、日本の海洋探査にどの程度悪影響を与えたのかちゃんと評価してくれよ。

101 :朝まで名無しさん:04/04/20 22:23 ID:lZO6y8i4
中国は危険度外視ってのは先入観だよ
神舟上げる前に長征を50本以上打ち上げ成功させてる。
乗組員もロシアに送って訓練させてる。
Mロケット・H-II・H-IIA足しても日本は50本行かない。

それに実験モジュールもくっついてて、
起動離脱する時にそっちを分離してまだ低軌道を回ってる。

「小さなデータとりは意味が無い、一気にすごいことをしよう」
こういって踏みとどまるより、出来ることから着実にしていく方が大事。


はっきりいって中国からは日本は完全に相手にされてないよ。
日本は技術では勝ってる、とか言い訳いってる場合じゃない。

102 :朝まで名無しさん:04/04/21 00:12 ID:zzMBBcOj
>101
なんか文脈が変だな。
長征が中国で最も信頼性のあるロケットだったから有人機の打上げに使われたのであって
有人機の打上げのために長征シリーズを打上げていたわけではない。

ただ、中国は事前に4機の無人機を打上げて着実に有人機打上げの技術を蓄積していた。
冷戦時代のソ連とのような、安全性を無視する開発スケジュールではなかった。
しかし、それも裏を返せばISSを中心とした宇宙開発が長らく停滞していたため
特に急ぐ理由がなかったということでもある。
ついでにいえば、中国の目的はあくまで国威向上でしかない。
新しい有人機を開発して何をするのかというビジョンは特に感じられない。
有人月面探査計画だってそうだ。
今更有人月面探査して、アポロ計画やそれ以降の無人探査機で集めたデータ以上の
何かが得られるのか?学術探査としての意味はかなり低い。


103 :朝まで名無しさん:04/04/23 01:19 ID:76FpEKEk
次の時代は宇宙観光旅行ビジネスだ。
有人開発とっととやって、みんな宇宙行こうぜ


http://www.uchumirai.com/

104 :朝まで名無しさん:04/04/30 02:49 ID:R2F6mkaI
>101
村落を一個丸ごと焼いといてもケロっとしてるのはなんつーか、
信頼性とかそういう次元を超越しているとおもう・・

105 :朝まで名無しさん:04/05/11 21:29 ID:4mgagK+J
>>104
そういえば日本でも、天皇の皇族が汽車に乗って窓から部落が見えると目障りだから、
というだけの理由で村落を焼き討ちをしたという、悲惨ではあるが、くだらない事件がありましたなぁ。
1900年代前半の敗戦前の日本は、北朝鮮みたいな恐ろしい国だったんだろうね。

http://members.at.infoseek.co.jp/Accord/BIGLOBE/SANKA/nip11234.htm
<03>p449、3月28日付『読売新聞』
別府警察署にては、来る四月七日、日本赤十字支社総会に閑院総裁宮殿下御来場
に就き、御通路なる的浜町の貧民町に二十六日巡査四十名を派遣し住民に立ち退
きを命じたが之を抗拒したので、巡査は風上から貧民町に火を放ち六十四戸を全
焼せしめた為め、住民は住宅を失ひ飢餓に迫り疾病に冒さるる者百二十四名を出
すに至つた。同所は山窩部落なれ共、住民は町税を納付し在郷軍人も四名あつて
警察側の此暴挙に対し町民一般に憤慨し、警察署に向つて猛烈な交渉を始めて居
るが警察署でも遽に狼狽し、藤原署長は二十七日朝県警察部に出張し善後策に就
き協議を凝らして居る。
※見出しは「宮様の御通路だとて巡査が貧民窟に立退を迫り遂に六十四戸を焼払
 ふ/為めに住民飢餓に迫られ百数十名は疾病に罹り此の暴挙を憤慨して起つ/
 別府警察は大狼狽」。

106 :朝まで名無しさん:04/05/11 21:33 ID:PrOufEMG
宇宙開発と何の関係があるのかと。

107 :朝まで名無しさん:04/05/14 20:41 ID:kiRiAU/j
この間BSでやってた神舟関連番組を見た。
中国は宇宙開発を推進し始めのごく初期から、
有人飛行を明確な目標にして秘密裏に開発を行っていたんだそうだな。
それで1960〜年代には、既に宇宙船の開発や宇宙飛行士の養成も行っていた。
(文革の混乱その他でいったん計画は中止されたため、彼らは飛ぶことはなかった)
その後、有人の計画は90年代始めに復活し、現在の神舟を含む計画に繋がったんだそうだ。

108 :朝まで名無しさん :04/05/15 00:03 ID:I6inazSb
もともと中国は有人飛行を70年代に行う予定だったみたいなことを言っていたからの。

急がず、じっくり腰を据えて行ったわけだ。


109 :朝まで名無しさん:04/05/17 10:09 ID:sxDyFx9w
この間 北京いってきたがすごい活気だ。
みんな明日はもっと豊かになると信じている。
エネルギーが満ち溢れていて怖いくらいだ。
このエネルギーが宇宙に人を送ったのだろう。
日本はもう勝てないかもな。眠れる獅子は目覚めている。

110 :朝まで名無しさん:04/05/17 10:34 ID:mjXzAYeb
>>105
アサヒグラフでも外人観光団の目障りになるから、線路沿いの広告看板と
貧民街は撤去したほうがいいとか載ってたのを読んだことがある。

下町のことを貧民街と言いきれた戦前は一寸酷いですよ

111 :朝まで名無しさん:04/05/17 11:46 ID:Nn2swBjj
今からならまだ間に合う。
中国は脅威だが日本が勝てる可能性はある。
ロケット技術だけで考えないで、総合力を結集すれば十分勝機はある。

微細加工技術、ロボット技術などの分野からも参加してもらって宇宙船をつくるべきだ。

早急に有人飛行を成功させて日本の能力を証明させないと進歩はない。


112 :朝まで名無しさん:04/05/17 12:37 ID:QxL8C1KN
>>110
だから、宇宙開発と何の関係があるのかと。

>>111
勝ちたいのは経済力か宇宙開発か。宇宙開発で勝っても何の益もないように思うが。
そもそも物事を勝ち負けで見るのもアレだし。

113 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:04 ID:Nn2swBjj
>>112
物事を勝ち負けで見るのは世の常だ。優劣の評価でいえば有人飛行した中国を日本より上に見るよ。
細かい技術的問題で言い訳しても一般人の世界には通用しない評価だね。

宇宙開発の優劣は家電製品などに対するイメージを大きく変えてしまった。
安物が中国製で品質に対する信頼性が低かったが、大きく向上して高性能だが割安感から中国製を
購入するようになったきた。
そしてすべての中国製品に対するイメージが大きく向上したことは間違いない。
(日本の場合でなく世界規模の話だよ。)

114 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:17 ID:WJKk/jyF
口先で日本も有人飛行できる力があるといっても実績で証明しないと信用されない。
中国への対抗勢力としての日本の存在に期待しているアジア諸国の期待を裏切らないためにも、
早急な有人飛行の実現をさせるべきだろう。

宇宙開発で勝つことは、MADなどの有効性に対する信頼性を上げる作用もある。
技術の優位性を示し続けることが、国益のためには有益に働く事は理解するだろう。
企業のイメージ広告のような作用が期待できるのだ。

115 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:31 ID:limA3GQ4
いままでどの程度有人宇宙飛行を意識した開発が
行われてきたか知らんが、あと20年は
かかりそうな気がする、なんとなく。

116 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:36 ID:I9dc0tal
「採算性」か「技術力の向上」か
どちらかにした方が良いよ.
個別のプロジェクト単位でいいからさ.

117 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:45 ID:sWLyR6F/
ディスカバリーチャンネルでロケット打ち上げ失敗特集みたいなのを見た。
中国の打ち上げ失敗のはまるでコメディだった。

打ち上げた直後方向を90度変えて地上に落ちて500人以上の一般人を殺したのはほんとコメディ。
不謹慎だが。
しかも外国人は5時間拘留されてその間に証拠隠滅を計ったらしい。

そんな中国が有人打ち上げ成功してるが陰では何人も死者でてるんだろうな。

118 :朝まで名無しさん:04/05/17 13:54 ID:limA3GQ4
直感的にだけどさ、宇宙開発競争って物量勝負な面が
結構ありそうな気がするんだよね。そうすると日本
はかなり不利なんじゃないか、と。
いまさら有人飛行したところで国の製品のイメージが
変わるかってそういう問題じゃないような気がするんだな。
むしろ、低価格で確実な衛星打ち上げを実現して民間利用の
探査衛星をたくさん上げて、衛星利用をもっと身近なものに
するような方向が現実的ではないかと想像する。
リモセンの衛星とかGPSとか欧米の衛星を使わせてもらって
る、というトコをなんとかするとこから初めてもらいたい、
などと考えてみる午後であった。

119 :朝まで名無しさん:04/05/17 14:07 ID:oRZFpMXi
日本は人型ロボットをロケットで飛ばす
生命保険と万が一の場合の弔慰金が節約できるし
何よりも本来目的には何も貢献しない生命維持装置が不要となりその分機材が積み込める


120 :朝まで名無しさん:04/05/17 14:10 ID:9/ZsVtrK
数をこなせないようじゃ技術の進歩もないよね。

失敗を恐れず、教訓として学びながら進歩する。
無責任な体質があることも失敗を繰り返してきた原因だね。

トップの能力が低いことが最大の原因じゃないかな。
カミオカンデを作り上げた博士のような行動力がないと大きな仕事は成功しない。

121 :朝まで名無しさん:04/05/17 15:23 ID:v/pi8IYP
あれは単に運が良かっただけ
最も運が向くまで我慢するのも実力だが

122 :朝まで名無しさん:04/05/17 15:38 ID:OyMLCX48
狭いニッポン。ロケットには不利すぎるの。ほかの産業をグヮンバレィ。

123 :朝まで名無しさん:04/05/17 15:53 ID:QxL8C1KN
>>113
まあ勝ち負けでもいいや。このさい。
宇宙開発で中国に勝ちをおさめたからといって、何の利益があるのかと。
有人宇宙飛行ができたからといって、その国の製品を買うなんてことあるか?
あるとしたら、ロシアはたいへんな輸出国なはずだが。
>>114
口先もなにも、有人飛行できなくたって構わないじゃない?
どういう利益があって、やるべきというのか。さっぱりわからん。

124 :朝まで名無しさん:04/05/17 16:00 ID:QxL8C1KN
>>118
これは同意できる。
宇宙開発を続けるというなら、商業利用を念頭において、低コスト高信頼性に特化
した技術開発しかなかろう。

技術水準の維持のためだけに続けろなんてのは、土建屋を食わすために無駄な高速
道路建て続けるのと同じセンス。
国威発揚みたいなこと言うやつは、60年前にカエレ!

125 :朝まで名無しさん:04/05/17 22:38 ID:4jCrAJdv
今後の宇宙開発は衛星ビジネスから無重力を生かした(地上では絶対作れない)材料生産ビジネスに代わってくるだろう
そのときに人員を含む自前の輸送手段を持っていないと、それこそ70年前の轍を踏むことになるぞ

126 :朝まで名無しさん:04/05/18 01:50 ID:59LIepgX
>124
学術貢献と安全保障。

>125
無重力実験なら有人機は不要。
生活振動の発生源になる人間は排除するべき。

127 :朝まで名無しさん:04/05/18 08:16 ID:sZoSc6bo
>>126
>無重力実験なら有人機は不要。
>生活振動の発生源になる人間は排除するべき。

アホか?無人の実験よりも有人で出来ることの方が多い。
何が起きるか分からない実験を無人で完全制御など出来るはずがない。
メンテナンスや簡単な追加実験や検証実験のために設備を地上に回収するつもりか?

生活振動を排除する無人施設も良いだろうが実験終了後すべて回収するのか?
使い捨てにするつもりか?人間が機材を入れ替えて、別の実験をさせるためにも有人飛行は
必要なものだ、効率を考えるなら有人飛行は将来に必要な技術だ。


128 :朝まで名無しさん:04/05/18 08:34 ID:k1HBWJ40
>>123
>有人宇宙飛行ができたからといって、その国の製品を買うなんてことあるか?
>あるとしたら、ロシアはたいへんな輸出国なはずだが。

企業イメージ広告のような作用はある、漠然とした信頼感の向上につながる。
ロシアを例にだしたが日本製と競合するような製品を出しているか?レベルが違うぞ。
特定部品ではロシア製品に対する信頼性は高い、技術大国の評価があること知らないのか?

中国製品では宣伝効果が十分にあったことは否定できない事実だろう。
日本製品を模倣したようなパクリ製品の価格競争力が向上したことを無視するの?
競合相手よりもブランドイメージを高く維持することは商売上必要なことだ。


129 :朝まで名無しさん:04/05/18 08:55 ID:VzMJgKYY
>宇宙開発を続けるというなら、商業利用を念頭において、低コスト高信頼性に特化
>した技術開発しかなかろう。

日本の場合には其れは無理な注文だろう。
確立した技術体系があって初めて経済性を論議できるがまだまだ未熟だ。
トップの方針が安定しないような制度的不安定さが有る中では将来展望が持てない。

技術開発の段階であって、実用化とさらにその先の商業化では話のレベルが違いすぎる。
研究開発に十分金と人員を投入しないと、実用化で大失敗して大損をするのだ。
実験を多くやらせないからトラブルに強くなれないのだ。


130 :朝まで名無しさん:04/05/18 09:31 ID:Wy/H0DZI
とういうか、種子島は漁業の制約があるから、
はやくどっか年中打ち上げ出来る所に移転しる!

131 :朝まで名無しさん:04/05/18 11:49 ID:NmzTgFUr
>>126-127
んーと、有人か無人かということより、微小重力状態を維持できる時間のほうが
問題なのね。小型ロケットで実現できる数分程度の時間だと、たいしたことが
できない。フリーフライヤーぐらいな数日のレベルになると、有用たんぱく質
の結晶化実験が視野に入ってくるから、かなり役に立つ。
>>128
>特定部品ではロシア製品に対する信頼性は高い
それこそ、有人宇宙飛行の評価とは無関係でしょ。
>中国製品では宣伝効果が十分にあったことは否定できない事実だろう。
むしろ、肯定できる証拠がないんでは。
>>129
無理な注文だったら、最初からやらなければよい。そのリソースを他の技術分野に
回したほうが、日本のためにならんか?

132 :朝まで名無しさん:04/05/18 14:18 ID:59LIepgX
>127
まぁ、実験の種類によるとは思うんだが。
24時間のリアルタイムの監視を必要として
有人機の質の悪い微少重力環境でかまわない試験もあるだろうし。
でもそういうのはISSでやれば?
わざわざ日本独自で開発する理由には乏しい。

それに無人って言っても、実質的には地上からの遠隔操作だよ。
USERSという先例もある。
宇宙空間でのメンテを考えるなら専用の実験機器を作って
毎回使い捨てる方がトータルで見れば安上がり。

133 :朝まで名無しさん:04/05/18 14:43 ID:MYJUH+qj

小泉首相、日本独自の有人飛行に理解
政府は有人計画を積極支援へ

夏までに結論を出すとしていた総合科学技術会議にての有人宇宙計画の骨子が
まとまる模様だ。ほぼ、「ふじ計画」を踏襲するものになる予定。再利用機について
は、今現在の日本の状況下では不可能として、先送りになる模様。HTV派生の
再利用や旧ISASの再利用、旧NALのスペースプレーンについては基礎研究を
続ける模様だ。日本独自の有人宇宙計画は、サンプルリターン技術の確立から
始め、10年スパンで軌道上に人を送り届けるシステムを開発する予定だ。
[5月18日14時21分更新]

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040518-0000050278-yom-pol



134 :朝まで名無しさん:04/05/18 14:50 ID:NmzTgFUr
>>132
ヤケに詳しいね。しかも01:50と14:18に姿を表わすって、あんたナニモノ?(^ヮ^)

ご説まったくごもっとも。
有人と言ってもほとんどメリットはない。研究者が自分で乗り込んでって、自分で
実験できるわけでもないしね。

毎回使い捨てのほうが安上がりというのも、重要。みなさん、ここよく考えてね。
一台なん千万円もするような実験機器でも、使い捨てにしたほうが安い。それぐらい、
宇宙実験ってカネかかるのね。それにペイするようなネタがあるのかどうか。

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)