5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>> 日本の道徳について考える <<

1 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 09:48 ID:aR1eJNRL

日本は、戦前戦中の国家神道時代へのアンチテーゼから、
宗教一般そのものを否定的に考える傾向が強い。

しかし、伝統的な宗教は共産圏主義国を除くたいていの国や
地域ではその共同体の倫理の源となっており、道徳を語る
上でも非常に重要な基礎となっている。

犯罪が増加し、児童虐待に象徴されるように家族は崩壊の危機にあり、
共同体も消滅する方向に向かうばかりのこの日本の文明論を
宗教的、倫理的観点から考えたい。

2 :朝まで名無しさん:04/04/24 09:49 ID:8r1jynKo
> 宗教的、倫理的観点から考えたい。

どうぞ、ご自由に。

ところで、2GET


3 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 09:53 ID:aR1eJNRL

世界の国々(各国の宗教の項目は面白い)
ttp://homepage1.nifty.com/ptolemy/nations/nations.htm

梅原猛の授業 仏教
ttp://www.atc.ne.jp/seikindo/html/umehara.htm

カルトに関する基本的理解
ttp://www7.ncv.ne.jp/~church/what'scult.htm#d

宗教カテゴリー
ttp://dir.yahoo.co.jp/Society_and_Culture/Religion/Faiths_and_Practices/

4 :朝まで名無しさん:04/04/24 09:57 ID:dzx+Sbcf
糞スレ巡礼の旅
第38番札所「道倫寺」

5 :朝まで名無しさん:04/04/24 09:59 ID:L8jGXU9h
宗教を否定的に考える傾向は満たされている証拠でもあるんじゃないかな。
勿論立派に信仰を仰いでいる人もいますけどね

6 :【自由主義の道徳】:04/04/24 10:01 ID:N56nmkcB
自由主義は伝統道徳からの自由な立場を提唱しますが、
「他者に危害を加えない」という決意をもっています。

「個人は他者に危害を加えない限り、自由に行為する正当性がある。」
ttp://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=Liberacion

7 :朝まで名無しさん:04/04/24 10:04 ID:TmQ3xo/2
道徳を考えると言うタイトルで目を引いておきながら、
>>1で宗教的、倫理的と言い出し、
いきなり>>3で宗教のみの話題にしてしまうのは
誘導としても露骨すぎないか。

8 :朝まで名無しさん:04/04/24 10:06 ID:TmQ3xo/2
道徳は宗教のみから生まれるものではない。

9 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 10:10 ID:aR1eJNRL

新渡戸稲造は外国の公人との会席の際、日本で宗教教育(道徳教育)が
無い点について問われ、返答に窮した経験から比較文明論敵視点
に重点を置いて日本文明を他国に理解してもらうべく「武士道」を著すが、
その武士道も今の日本では機能していない。

新渡戸稲造からの伝言
ttp://www.ne.jp/asahi/kojo/bunko/index1-21.html



10 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 10:15 ID:aR1eJNRL
基本問題部会における「宗教教育」に関するヒアリングの概要
上田閑照氏(京都大学名誉教授・宗教哲学)

「 宗教と教育について、両者には結びつきがあるが、
 両者を結ぶには難しいことも多い。アプローチとしては、
 歴史的な既成宗教についての十分な知識を与えることがまず必要だ。

 それを学ぶ場としては家庭科でも地理でも歴史でもいいと考えるが、
 それはいずれにせよ「宗教教育」とは言い難いのではないか。

 なぜなら、宗教教育とは人間の真実、すなわち、人はどう生き、
 どう死ぬべきかであるかについて教えることであると考えるからだ。」

11 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 10:18 ID:aR1eJNRL
>>10
自己レス

引用元
ttp://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/gijiroku/002/030102a.htm

12 :mannaka ◆sfmh9zaJHs :04/04/24 10:25 ID:aR1eJNRL
かなりライトサイドからの見方だと思いますが、
なかなか威勢がいいので・・・。

思想新聞
「宗教教育」妨害を画策」
ttp://www.ifvoc.gr.jp/new_page_520.htm

「教育基本法見直し
宗教教育の重要性が欠落」
ttp://www.ifvoc.gr.jp/new_page_62211.htm

13 :朝まで名無しさん:04/04/24 10:25 ID:JvRTFf2F
欧米のように、長い間キリスト教一筋、アラブ諸国のようにイスラム教一筋
という所に比して、日本なら一体何を伝統宗教として教えればいいのか?
江戸時代は国家的宗教としては仏教が基本的に機能していて、一般人も仏教
の論理で生活していた。中世は寺院と神社が両立、平安期も両立、古代の
ある時期仏教が入ってきたが、その前はアミニズムとタオイズムの混合。
どの時期を取って伝統宗教としたいのか?いっておくが、現代の神道は一部の熱狂者が
いうような古代のアニミズム=神道ではなく、中世以後、吉田家によって形作られた
新興宗教だ。
みなさんならいつの時代を選んで「伝統」とします?おれは難しすぎて選べません。

14 :朝まで名無しさん:04/04/24 10:48 ID:FnOA1tuR
日本というのはもともと武士道、つまりサムライの道徳が基本であり、
それに民衆が影響を受けたから世界でもっとも優秀な倫理を持ちえた。
これは日本の民衆に古来からある御上に任せとけば大丈夫と言う伝統
であり、御上に信頼が置けなくなった今この形で倫理を取り戻すのは
難しい。
神道的なことは手を洗うとか感謝の気持ちを持つとかそういうことで
あって日本人の倫理観を形作るだけの教義も哲学もない。
血を嫌ったりのケガレの思想でありこれは感覚的な部分。
善悪の判断はおそらく仏教からの影響だろうが、それ以上に日本人の
倫理観に重要なのはやはりサムライ階級の存在だったろうと思う。

15 :朝まで名無しさん:04/04/24 10:58 ID:JvRTFf2F
>>15
もともとって、サムライなんてたかだか1000年ほど前にでてきた連中で、
武士道に至っては「葉隠」って本が出てから、まあ300年くらい前のもんでしょ。
それで伝統っていわれてもねえ。キリスト教も仏教もイスラム教も2000年前からあるんだから。
それにサムライっていわれても、出てきた当初は単なる荒くれものの殺戮集団だったんだから
それを伝統なんていわれても…

16 :朝まで名無しさん:04/04/24 11:10 ID:wOdMhZi4
大河内先生や里見先生みたいな人が世の中に増えれば良いのにね。

17 :朝まで名無しさん:04/04/24 11:16 ID:JvRTFf2F
>>16
それって誰

18 :朝まで名無しさん:04/04/24 11:53 ID:8OwHdYpm
自分はまったく悪くない、
社会悪があるのは、持てる者(資本家、国家権力、今では、グローバリズム、米帝国主義)と持たざる者(プロレタリアート、労働者、今では、義務を果たさなく権利のみ主張する国民)という経済不平等があるからだ。

持たざるものが経済を管理する体制(プロレタイアート独裁=共産主義国家)を
暴力を持ってしても確立すれば、
理想社会が来ると言うことも、実際は破綻していることが、
歴史的に証明されてきていると思います。

共産主義社会の前段階である社会主義社会でも、
成立までは、いいように見えましたが、ひとたび、プロレタリアートと称する人が、
政権をとると、その人自身の罪の問題が解決していないので、
彼らは、自分が神だと信じきっていますので(そのこと自身が罪だと思います)
スターリン、毛沢東、ポルポト、チャウシェスク、キムジョンイル
などの例を見るまでも無く、
大量の、それこそヒットラーのユダヤ人虐殺以上の殺戮がありました。

今残っている、社会主義社会は、中国、北朝鮮、キューバ、ミヤンマーぐらいなのでは?そこでは、人権があると言うのは、宣伝で、人権が抑圧されています。
特に、中国、北朝鮮に、人権が無い事実があります。

共産主義、 および、それにもとずく市民運動は、徹底した義務を放棄した
被害妄想だと思います。
言葉は悪いが、良識で住みやすい社会を作るためには、
5馬鹿の数組の両親の様に、加害妄想に踏みとどまるべきだと思っています。

19 :朝まで名無しさん:04/04/24 11:57 ID:T5K8MGGz
正月には神社に初詣
お盆にはお墓参り
結婚式はチャペル

それが日本人なんだから別にいいじゃないか?

欧米・アラブのように無理に一神教にすることもあるまい。

あるがままを生きればよいのであり、何も恥じることは無いと思うが。

20 :朝まで名無しさん:04/04/24 15:58 ID:GiPHknmj
ひきこもりは天使である。

21 :朝まで名無しさん:04/04/24 16:12 ID:DJDcCyWX
 神道の中心的存在である天皇家が飛鳥・奈良時代以降
仏教を保護した時点で、統治者自身がいろいろな宗教の価値観を
認めたわけで。
 神道にも仏教にもたくさんの神・仏がいることも影響している。
「アラー」など唯一絶対の神を信仰する国とはここが決定的に違う。

22 :朝まで名無しさん:04/04/24 17:36 ID:SJoPOVa7
今の日本人道徳観が荒れているのは
宗教を軽んじているところから来ると説く前に、
戦争は宗教から生まれるということを
考えてほしい。


23 :朝まで名無しさん:04/04/24 17:50 ID:Fn27MFyO
>>22
日本の場合は違うと思う。戦争に宗教が付随するのは一神教ゆえのことだろう。

24 :朝まで名無しさん:04/04/24 18:00 ID:SJoPOVa7
>>23
そう、だから日本は他国との戦争経験が少ないのさ。
絶対的な神の存在を位置付けていないから他国に比べて平和なんだよ。
人間は自分のとは違う神を信じるやつのことは認めないんだから。
もし日本が一神教になったら、今とは違う問題が生ずるに決まってる。

25 :自衛隊はアメリカの殺人幇助のためにイラク行き:04/04/24 18:01 ID:ZFZZyJnI
押し込み強盗殺人集団のアメリカに金(米国債購入)と飛行機(アメリカ兵を運んだ)を提供した小泉政府は、
日本を、押し込み強盗殺人の共謀共同正犯へと貶めた。

唾棄すべきは小泉首相。

26 :朝まで名無しさん:04/04/24 18:38 ID:KsUnCn0t
>>1
昔からある「都合のいい時だけ都合のいい神様に」
って考え方は残ってるでしょ?

日本人の本質である「和」はなくなってないよ。

27 :朝まで名無しさん:04/04/24 18:39 ID:fDX9CH95
日本人の宗教って
皆の心の中にある良心=社会規範・道徳なんじゃない?
そんで神=未知のもの・自然の脅威って感じ。

日本の神さんて人を律するものじゃなくて
守ってくれる者、恵んでくれる者で日本人は乞食なんだよ。

日本人を律してきたのは集団の総意=長の決定だったけど
民主主義と称して決定権を長ではなく個人に委ねた事で
多様な価値観を持つことが出来たけど
長の決定に従ってきた日本人には合わず
多様な価値観の数だけ良心が生まれてしまったから
道徳が壊れた様に見えている。

少数意見も尊重しようなんて世迷言を無くしてしまえば
道徳は復活する。

28 :朝まで名無しさん:04/04/24 19:07 ID:Fn27MFyO
>>27
乞食じゃないだろ。当たるも八卦当たらぬも八卦。できれば願いを叶えてください程度のもの。
神様に全部寄りかかろうとしないだけ。

29 :朝まで名無しさん:04/04/24 21:26 ID:aR1eJNRL
ageます。

30 :朝まで名無しさん:04/04/24 21:27 ID:aR1eJNRL
失礼しました。

31 :朝まで名無しさん:04/04/25 10:08 ID:QzrbWE64
>>27

> 少数意見も尊重しようなんて世迷言を無くしてしまえば
> 道徳は復活する。

いや、少数意見の尊重は近代立憲主義の大事な柱だよ。
議論して、少数意見も尊重してそれで最後に多数決で決めるって
ことね。

それと、公共の福祉を脅かすような少数のテロリストを
取り締まるというのは別の問題だよ。

32 :朝まで名無しさん:04/04/25 11:04 ID:AtGwrbvi
家族の崩壊に関しては、宗教・倫理よりも家長以外の家人の経済的自立の産物のような気がする。
日本経済の成長により、家長に依存せずとも各人が日々の暮らしを営めるようになった。仕事を持つ嫁は夫に依存する必要がなくなった。
家族間・夫婦間での意見の対立があっても、それを抑え込むだけの絶対的な権力がなくなり、一家離散や離婚が珍しくなくなってきたというのが真相だろう。


33 :朝まで名無しさん:04/04/25 11:16 ID:KPTE6b58
>>32
それだけじゃなくて、共同財産の共同管理という訓練、習慣が減ったからだよ。

34 :朝まで名無しさん:04/04/25 16:21 ID:QzrbWE64
>>32
家庭は社会の最小の単位でしかも
人が育つ一番大事な場所だから、そこを
しっかりしないと、ますますバラバラでモラルが壊れた社会に
なるとう思う。

35 :朝まで名無しさん:04/04/25 19:44 ID:HzihHIl9
すべてひきこもりのせいだ。
ひきこもりが日本の価値観を台無しにした。
もう過去には戻れない。
ひきこもりという言葉が死語にならないかぎり。
しかし、この言葉は多くの人に、あえて好まれて使われている。
よって、この言葉が死語になる日は来ないだろう。

36 :朝まで名無しさん:04/04/25 23:00 ID:QzrbWE64

やっぱり、憲法上の政教分離の原則は重要だけど、
なんらかの形で、国権が特定の宗派あるいは宗教法人を
利さない形でやんわりとした宗教教育を制度化する必要があるだろうね。
でも腐れ日教組がそれを猛然と阻むんだろうなあ・・・。


37 :妄想性人格障害:04/04/25 23:11 ID:HzihHIl9
顔がよければ、何もかもが手に入る。
財産も、恋も、セックスも、地位も、名誉も、なにもかも思い通りだ。
顔がいいというだけで、なんでも思い通りになる。
わがままは通るし、異性は自分の奴隷にできる。
以前、誰だかがテレビでいっていたが、「顔だけは妥協できない。
顔さえよければ、バカでも貧乏でもかまわない」のが現代である。
顔さえよければ、それだけで、労せず、人生の勝者になれるこの社会を
諸氏はどう思うか?


38 :朝まで名無しさん:04/04/25 23:20 ID:KPTE6b58
>>37
なまじっか顔がよくてプロポーションが悪いと致命的だけど・・・

39 :朝まで名無しさん:04/04/25 23:52 ID:FdFg1vP1
現在の高校社会科の教科書では、日本の伝統宗教
(なぜか神道。さっぱりわかりません)も含めて
宗教教育の単元があります。
でも、神道が伝統的日本の宗教だと言われても、
現在の神道は鎌倉以後に生まれたわけで、
教える方も困り果てております。

40 :朝まで名無しさん:04/04/26 08:34 ID:8wq0wo6r
>>39
え?マジで?
国家神道復活の兆しか?

詳細きぼう。

41 :朝まで名無しさん:04/04/26 09:10 ID:5yl5krIM
>>40
シッシッ

42 :朝まで名無しさん:04/04/26 09:38 ID:Pfz7+J5H
>>40
実教出版『新訂版 現代社会』(平成12年)
「日本の宗教」という単元があり、そこでまず初めに
「原始時代の宗教をアニミズムという。弥生時代になると、人々は、稲の
実りを確実にするために春の祭りや秋の祭りをおこなったり、祖先の神を
まつったりするようになった。これがのちに神道(神社神道)となった。」
と説明したあと、仏教については、
「仏教は6世紀に異国の文化として大和の豪族によって受け入れられた。
(中略)また仏教は、日本の神道と融合し、寺院に神社がたてられた。」
と説明している。
この教科書によれば、日本人の原始信仰…→神社神道ということになるな

43 :朝まで名無しさん:04/04/26 20:08 ID:8wq0wo6r
>>42
内容的には間違ってませんね。
純粋に社会科の中の自分たちの文化理解の
ひとつのアプローチって感じですね。

44 :朝まで名無しさん:04/04/27 08:56 ID:FqJEm9jl
>>42
そこまで書くなら、他国の宗教についてや
日本における本願寺派やキリスト教徒への弾圧、
戦前戦中の国家神道時代もやるべきでは。

45 :朝まで名無しさん:04/04/27 09:40 ID:HcQu4ANA
宗教板でやってくれ

激しく板違い

46 :朝まで名無しさん:04/04/27 10:22 ID:yRNMJNc7
日本の道徳は、常識に元づく希薄なものである

47 :朝まで名無しさん:04/04/27 10:47 ID:minRe6Wq
37
顔が良いか悪いかは、好みの問題もあるよ。
顔より頭の悪い方が困る。。。
顔が良いだけで思い通りにはならない。

48 :朝まで名無しさん:04/04/27 14:46 ID:yRNMJNc7
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040427-00000024-mai-bus_all
<新入社員>「良心に反する仕事でも行動」 初めて4割超に


49 :朝まで名無しさん:04/04/27 19:30 ID:FqJEm9jl
>>45
宗教でくくろうとする戦後のあり方が問題なんだろ。

50 :朝まで名無しさん:04/04/27 21:09 ID:2DogyapH
まあキミ達、これでも見てこの国の事を考えてみ給え:

質問者:hanahira

昔付き合っていた彼女はクリトリスを動かすことができました。
大きさは普通なのですが、男のペニスのように動かせました。
いま妻に「動かして」とたのんでも、「無理」と言われます。
昔の彼女のようにクリトリスを動かせる人はいるのでしょうか?
それとももと彼女は奇形か何かだったのでしょうか?


回答者:andrea

クリトリス単独…ではないですね。申し訳ない。ま○こと一緒です。
でも、肛門閉める時の筋肉とは違います。
動かせない人にどうやって説明したらいいんでしょう…。
ま○こ閉めるカンジでしょうか。それだとクリトリス単独ではないですしねぇ…。
申し訳ない。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=748114


51 :朝まで名無しさん:04/04/28 00:35 ID:zuVGorMM
日本では仕事>道徳だな

52 :朝まで名無しさん:04/04/28 17:24 ID:UPbt0aKM
>>51
いやその仕事にもいろいろとモラルがあるようで。

53 :段造 ◆b5w5DanzOU :04/04/28 17:58 ID:joXKR5Og
宗教意識の乏しい日本人の道徳観はやはり武士道に由来するんじゃないのか。
潔さ、とか結果よりも過程を重視する、とか。

あと神道ね。
神道は教義も体系も無いから。知らず知らずに神道している。
ただ、祖先を敬え、とか、清浄とか。
日本人が意識しているいないに関わらず、日本人の価値観を構成している。


54 :朝まで名無しさん:04/05/02 21:11 ID:yfnHdNe/
パッション、正直すごかった。

55 :校長が強盗:04/05/04 03:11 ID:4HWhPHPp
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
    ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう
ここはまじめなサイトです。事件をひろめるために
 このコピーをあちこちにはってください。<(_ _)>

56 :朝まで名無しさん:04/05/05 12:46 ID:dLSABUE+
小中の道徳の時間てやっぱり文科省で大枠を決めているのかな?
けっこう大事な問題な気がする。

57 :朝まで名無しさん:04/05/05 12:49 ID:IRuWOopu
>>51
だから今も根強く密売があるんだろうな。日本は。

58 :朝まで名無しさん:04/05/10 00:40 ID:dRmd848T
学校の道徳の時間は、サヨの先生の独壇場でございます。

59 :朝まで名無しさん:04/05/11 08:29 ID:nAsQXR4A
>>58
無いとは言えない。

60 :朝まで名無しさん:04/05/11 08:32 ID:K9m/y7Cw
>>58
真の道徳の時間は国語の先生が請け負っております。
国語の先生が左巻きならご愁傷様。

61 :朝まで名無しさん:04/05/11 08:38 ID:zoS2Yztc
大阪人なら道徳といえば「にんげん」

62 :朝まで名無しさん:04/05/11 08:48 ID:3L3DAjV2
『心の教育』はいらない!市民会議
http://sugakita.hp.infoseek.co.jp/newpage26.htm

真っ向から道徳を否定しているが。

63 :朝まで名無しさん:04/05/11 08:56 ID:jT8jNwFc
道徳観念は人によって違うので共通のものを考えるのは無意味。
そのために法律がある。

64 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:05 ID:3L3DAjV2
最低限の社会道徳は必要だと思うが。
法律には抵触しないが、電車の床にウンコ座りしないとか、
朝出社したら無言で座らずに「オハヨウ」と挨拶するとか。
人間社会の一員となるんであるなら、道徳は必要。

65 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:07 ID:zoS2Yztc
>>64
電車の中で床に座るのが当たり前な国もある。
普遍的な道徳じゃない。

66 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:13 ID:FoqwvutW
道徳
指導的立場にある政治家が今の状態では
北朝鮮や中国などとたいして変わらぬ。
身をもって範を示すものが日本にもいない。

67 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:15 ID:3L3DAjV2
>>65
どこの国かは知らないし韓国とは言わないけど、
外国でもやっているから他人がやっているからといった理由で黙認するのはどうだろうか。

68 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:20 ID:hWV+YOGZ
やはり修身教育が必要だということだ。

69 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:29 ID:3L3DAjV2
>>68
その中身の問題もあるけど、道徳力が衰退するとシンガポールみたいに法律になる。
そうならない為にも一定の秩序を保つ為にも、ある程度の道徳は必要。

70 :朝まで名無しさん:04/05/11 09:40 ID:jT8jNwFc
>>64
最低限のものは確かに必要だがそれは誰が決めるのか?
十人いれば十通りの生き方があるしたぶん自分以外の生き方を人は理解できない。
程度の違いこそあれ多少の賽はあるのでどれが正しいとかは誰にもいえない。
しかしだからといって全てを認めてしまうと社会が成り立たないので正しいとか間違ってるとか関係ない純然たるルール、法律がある。


71 :小泉支持派 ◆8HAMY6FOAU :04/05/11 10:09 ID:ZAzyh0fc
>>70
「道徳」とはコミュニティーを円滑に動かす約束事。
そのコミュニティーの「道徳」を守れないなら、そこを脱すれば良いだけ。アメリカのスラム街や、中華街とかのように。
さて、学校教育における「道徳教育」だが、これは基本的に地域単位で考えている。
そして道徳教育に関しては恐ろしい程、慎重に取り扱っている。
例えば自民党から共産党まで反対しない様に教育課程を組んでいる。世界でも一番脆弱な道徳教育と言える。
だから現在行なわれている道徳教育に反対の立場に居る人間に対しては理解出来ないし理解する必要もない。

72 :朝まで名無しさん:04/05/11 10:34 ID:sLQo0Xv5
まぁ俺ら戦後教育に多かれ少なかれ影響されてるから
その呪縛から離れて論議するのは困難
嫌な事や面倒な事から逃げてるだけじゃん
電車の床に座ってる連中なんぞケツを蹴り上げて
「立て!クソガキ!」と言えるのが戦前の道徳
漏れはアリだと思うがなー

73 :nihility:04/05/11 10:49 ID:ZMvFE5Eg
>70
わけわかりませんが?
極論すぎなんだよ。w

「道徳」は個々の規準の総体をであって、社会のルールじゃなんだよな。
守る守らないじゃない。
自分の良心によって、善と悪を判断して行くこと。
だから、人間1人に1個の道徳があるのだと思うのだか。

確かに、今の日本にはその道徳が低下してる
非文化人が多いかも知れないがね。

時代と環境かもなぁ。



74 :朝まで名無しさん:04/05/11 11:05 ID:5LOqzdGo
小泉純一郎「婦女暴行逮捕歴」
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku768.html

首相がこれじゃあ、道徳もクソもあるか!

75 :朝まで名無しさん:04/05/11 11:20 ID:y8sILK/v
小泉なんてコミュニティー破壊者の1番手じゃないの?
彼が仕事をやり遂げた後は日本は立派なグローバル国家に
なっているはず。コミュニティーはがたがたになってるだろうけど。


76 :朝まで名無しさん:04/05/11 11:28 ID:po0zCPhC
みんな、クソも味噌も一緒だな

倫理、道徳、宗教、法律

個々の違いをわかったうえで
議論したらええよ



77 :朝まで名無しさん:04/05/11 12:07 ID:ZAzyh0fc

「電車内でヤンキー座りする人間」…
…マナー=電車内では座席に座るか、釣り革を握って立っている事。

…道徳=他人に迷惑を掛けているかどうか意識しなさい。掛けているなら己を恥よ。
…倫理=ヤンキー座りは、他人のスペースを奪い非効率的。不健康。
…法律=耐えられない腰痛に襲われる人間も居るだろうから禁止までは出来ない。
…宗教=人様に迷惑を掛けたら神様が罰を与えますよ。

78 :朝まで名無しさん:04/05/12 20:39 ID:Jgal1vba
>>76

> 倫理、道徳、宗教

これらは、諸外国ではあまり差はないんですよ。
法律は法源をどこから求めるかで決まりますね。


79 :朝まで名無しさん:04/05/14 22:59 ID:Bz5D9klm
ラスト・サムライ

80 :朝まで名無しさん:04/05/15 19:07 ID:PttaGElU
80

81 :朝まで名無しさん:04/05/15 19:17 ID:guUZqpg+
78の言うとおりだよ。

82 :朝まで名無しさん:04/05/15 20:22 ID:p8J1spuX
文化の違い、ってありません?

83 :朝まで名無しさん:04/05/16 13:41 ID:/ptYtUaO
>>82
> 文化の違い、ってありません?

どういう視点で?

84 :朝まで名無しさん:04/05/17 15:44 ID:XlMyjhuJ
ただの修身の焼き直しだったら意味ないけど、
それにかわるものってなんだろうね。

85 :朝まで名無しさん:04/05/17 17:47 ID:roOs2t7l
日本の道徳は、村社会が関係している
という、サイトを見たきがする
どこだったかなぁ



86 :朝まで名無しさん:04/05/17 17:50 ID:cpR0hV7e
和を以て尊しとすべし。

87 :長文 (1/5):04/05/17 23:40 ID:0ZKwX5i4
 要は、善悪の判断基準だ。道徳(倫理も同じ)とは、カントが言うような超個人的な側面と、
ヘーゲルが言うような(?)社会的側面がある。

 法律だからって無批判に従ってるだけじゃなくて、本当に正しい人間が同じ状況に遭遇
したらどう行動するのだろう?と常に自問する誠実な態度と精神性。これが超個人的側面。
正しさの源が誠実な鍛えられた個人の心にあるといった考えかな... 良心と言える。
 教わらなくても善悪を判断できる心の働きがだろう、っていうロマン主義的な...

【道徳】 人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは
    成員相互間の行為の善悪を判断する基準として、一般に承認されている
    規範の総体。法律のような外面的強制力を伴うものでなく、個人の内面的な原理。
    今日では、自然や文化財や技術品など、事物に対する人間の在るべき態度もこれに含まれる。

 この「内面的な原理」って所に引っかかっている人達ね。人間の心に神の性質が宿って
いると信じているか、言葉の意味にとらわれてしまっているだけ。道徳を非常に理想的で
うそ臭いものにしている。それじゃ、自己愛全開の我侭なバカしか生まれない。>>73

 完全な認識を持つことが不可能な人間の存在を理解すれば、完全な判断ができない
ことも自ずと解る。そんな不完全な個人が、道徳なりの原理の源になり得るのか?
絶対無理と言えるだろう。そんな人間が自分の良心を無制限に信じることは単なる
独善/自己陶酔だ。
 そもそも善悪の判断を求めて生きているわけではなく、楽しさや快楽を求めているし、
いかに道徳的な動機から行動しようとしても、実現不可能な現実に直面せざるを得ない。
実現されない理想を信じたいがために、その現実的挫折に対峙せず、理論の中に逃げ、
相手を批判することでのみ自己の理論的完全さを保とうとするなら欺瞞/空論だ。
行動による挫折をさけ、その逃げている理由を「道徳的な理由」によって納得させ、
自己正当化して満足する。それを心の平安と呼ぶなら山奥にすっこんで隠者やってろ。


88 :長文 (2/5):04/05/17 23:41 ID:0ZKwX5i4
 現実の非常に限られた選択肢と認識の中で、生きて行かざるを得ないのが人間の存在。
行動しなければ生きていけない現実の前に、善悪の基準は簡単に軽視される。道徳を
求める事を第一の事としろなんて、頭の悪い理想論でしょ?
 だが、善悪と無関係に生きているわけでもないんだ。それは人の中で生きざるを
得ないから。社会で生きるために善悪は常に必要とすらされる。一人で好き勝手にやって
良いなら誰もそんなことは言わない。つまり、個人の意識の内で終始するわけじゃなく、
行動が他者に影響する以上、干渉し合うのは当然なんだ。個々人が善悪の基準を作くった
だけでは、道徳とは呼べない。
 善悪の基準って、理想論がまず在って、善悪について議論が交わされ、その結果、
輝かしい宣言文ができる訳じゃない。それは例外だよね?現実/行動が先んじてあって、
何やってんだこの野郎くらいの勢いで、怒鳴りあっているのを何とか納得させた結果が
善悪の基準だ。
 現実的な状況を加味した、多数の視点/批判/判断を経て、鍛えられた善悪の基準が
共同体には備わっている(いく)。そう、共同体とはそういった判断を共有していることに
他ならない。道徳が独善/自己陶酔でないためには、この他者の批判を受け入れたり
和解したりして、鍛えられ高められることによるしかない。

 自分の行動の原理を誠実に人に公開し問うことができ、人の意見を受け入れる態度こそが
道徳的態度だ。この過程によって独善はやっと、社会的意味を獲得できる。単なる理想論の
独善から先に進める。
「武士道」を引用した人がいたけど、道徳を社会的に鍛えられる事を受け入れる態度と
捉え直せば、まさに道徳といってよいだろう。新渡戸稲造は、武士道を個人的意識では[ない]
と言っていたはずだ。そういった個人のあり方を潔いと許容する[社会の合意]と合わさって
成り立つ意識なのだ。

89 :長文 (3/5):04/05/17 23:43 ID:0ZKwX5i4
 善悪の集大成が一箇所にまとまっていれば話は早いのだけど、いくつかの次元で蓄積されて
いるのだろう。個人/家庭/近所/特定の施設・場所/地域/地方/社会/法制度/国家。それぞれに
分散されて蓄積されている。
 >>70 のように、社会的意識はあるが、法律の文言が全てだと言い切るのは無理があるのは
解るよね?現実の方が先を行っているからだ。文章は小さな一部であって状況に応じ、思考に
よって補完するものだから、明文化できる部分に限界がある。その補完をことさら無視して、
文言のみを利用する態度には嘘がある。その嘘を自己正当化のためにもみ消したいだけだ。
 つまり徳育とは具体的な事象を学ぶことも重要だけど、それを導く態度を習得させることが
本質的なことである。教科書読んで、終わりとしか考えられない人には教えられない。
人の中にあって学ぶものだ。長かったが、社会的道徳の説明というわけだ。
 徳育はポリスでは社会的な関心事、中世では教会に任され、現代においては神のみぞ知る
といった態度だ。日本人にとって「社会」や「国家」「民主主義」は輸入品に過ぎない。
 日本には社会や国家でない、村なり地域なりの道徳の機能をになっていた、何かしらの
共同体があったはずだ。法律の文言ではなく、それを補完する思考の部分 ― 日本人が
精神性を重んじた民族とするなら ― そういった明文化されない部分に本質があった
はずではないか?
 ひたすらに輸入品で埋め尽くされていく明治以降、当時はまだ、和魂と呼べる日本的なものの
中に、異物を受け入れる状況であったろうが、和魂は消え去ってしまった(和魂のみが日本人観
であると言いたいのではなく、儒学輸入後の江戸時代の日本人像が、日本人観の全てという
時代劇に影響されたような軽薄なものには反感を覚える。和魂は日本人が継承していた何かで、
ことさら美化したくはないが、少なくとも輸入ものとは異なった人間観で、輸入品との比較が、
当時の日本人には多少なりともできたであろう)。
 歴史とは、過去に人間が持ちえた人間観を学ぶことに他ならないはず。そういった比較から
人間を知っていくことだと思う。暗記科目しか教えないなら Web の遠隔教育で十分だ。


90 :長文 (4/5):04/05/17 23:47 ID:0ZKwX5i4
 宗教は社会を築く礎となった人間観が含まれた重要な思想であると思う。中世ヨーロッパに
おいては完全なる社会の根幹をなしたであろう。しかし、宗教的教義と社会が一致していない
現代において、徳育を宗教に一任することは理想論だし、無理があると思う。
 宗教を信仰しない一個人的である私にとって、人間観が宗教的である必要は全くない。

 では何を教えるべきだろう? 社会性と私は言おう。

 社会人は常に成果を問われる。取引先なり顧客なりからの要求に応えることが求められる。
プロジェクトX のような皆が賞賛してくれる成果でなくたって、ATM が止まる/不正処理/
業務遅延があればニュースになる。手抜き工事/管理ミス/運転ミスで事故がおきれば死者が出る。
 社会人として大切なことは、責務を果たすことの意味を自覚できることだと思う。
手を抜いて良い事と、そうでない事がある。その区分けは何によって行われるか?
自分の行動の結果がどんな影響を持つか、考えることによって決まるだろう。他を意識して、
評価を予想する/できる感覚=社会性というわけ。

 優等生として育って、結果教師となった。教師になったが教育の成果は問われない。生徒は
教え方に文句はいわないし、授業の知識を詰め込んで吐き出す形式的作業で過ごし、
そこそこ私生活を楽しんで過ごす。おそらく、標準的サラリーマン教師の人生観。
 彼らは、勉強した知識を応用して製品に結実させたり、実学として駆使したことがあるか?
「学校で勉強することが実際役に立たず無意味だった」が良くある感想だが、その知識を
使っている職業がある。学んだことが実際に何かの役に立つ具体的な像があれば、学校は
社会から孤立した異世界ではなくて、延長線上に社会とのつながりが見える。その上で、
別の道に進むやつが大多数だろう。社会での人間の在り方をリアルに感じ/考える一つのモデル
すら、与えられてない。責任を持って役割を果たし達成感を得るという社会人の姿を
見せてやれない。
 学ぶことは試験で評価されることと教わって、その成果は超個人的範疇の自尊心にしか、
還元されず自尊心のみ肥大化...この空想的な反社会的モデルしか教えられない教師が
多数ではないか?



91 :長文 (5/5):04/05/17 23:52 ID:0ZKwX5i4
 これが学校で身近に接する数名の大人の姿であるなら、社会に出て求められる態度を学ぶ
ことなんてそうそうできないのでは?もっと身近に接する、両親や地域が学ばせてくれても
問題はなんだけど...
 社会的責務を果たす意識の存在が、感じられるか/伝えられるかという一点を問いたいわけ。
私はそれを社会性と呼びたい。教師に全ての責任を転嫁したいのではなくて、今の狂死では
教えられない事を教えるべきだといっている。
 裁判官や医師等、成果を問われにくい/批判されにくい職業が他にもあると思う。
評価の基準(ノルマ制)に疑問のある警官のような職業もあるかもしれない。
 成果が問われなければやる程度にやるだけ。現実的な問題意識は湧かない。改善の必要が無い。
評価が現実に則さない無意味な基準によっいるなら、形式と現実のギャップに悩むかもしれない。
 こういったことが実社会で問題視されているのではないか?そういった問題意識、自浄
機能について語れる誠実さが根本/理想にあってよいのではないか?

 現代社会の現実から教えればよいだけだと思う。疑問をもてば解消したくなる。
なぜ現状があるか歴史を探らなくてはならない。簡単な答えの無い問題を考える分析/応用力。
 人のためにやらねばならない状況を与える。勉強は私的なことだから、協調的ではないし
責務も感じない(変な責任感じる子もいるだろうけど)。そしてその責務に応えられるのか否か、
応えるためにどうすれば良いのか考えること、言い方が大げさすぎるが、これが社会に出て
最も必要な資質でしょう。

 教育者には現実感がないのだ。社会の中で生きることの現実感が。経験/実感もなく考えようと
するから全てが推測/一般論で空回り、個人を中心に考えれば社会的意義になんて辿り着かない
我侭/独善に終始するしかない。
 教師が話し合って社会に納得してもらえる答えなんて出せるのか?知識量の問題の前に、
本当に学ぶべきことを知っているか?当然、地域がその教えられない部分を教えるのも
ありだろう。

92 :朝まで名無しさん:04/05/17 23:54 ID:UvpH+k0x
ユダヤ教社会ではサバイバルすること(生き残り)が最高の徳とされているんだよね。
キリスト教社会では希望をもつことが最高の徳とされていて、教会のことは別名、ホープ・ビジネスと呼ばれている。
他方で、日本では生きることよりどう死ぬかが特に戦前までは論議されていたから、
現在の中東情勢のように話が噛みあわなくなってしまうんだよね。
俺はやっぱり、自分の幸福を追求しながら生き抜くことが人間としての最高の徳だと思う。

93 :朝まで名無しさん:04/05/18 00:00 ID:/KF3cTIk
戦前でも大多数の人間はどう生きるかを考えてたよ・・・

94 :朝まで名無しさん:04/05/18 18:51 ID:aphMnNVS
>>87
ほんとに長文だなあ。
せめて見出しくらいつけれ。

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)