5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【イスラエル】ユダヤ人入植地撤去計画が大差で否決、イスラエル政局混乱の可能性も[05/03]

1 :擬古牛φ ★:04/05/04 00:28 ID:???
★大差否決、イスラエル政局混乱の可能性も

 【エルサレム=佐藤秀憲】イスラエルのシャロン首相が打ち出したユダヤ人入植地撤去計画が、
2日のリクード党員投票で否決されたことは、テロの連続でイスラエル世論が右傾化する中、
領土的譲歩が困難になっていることを示した。
 首相のパレスチナ政策に“身内”が反対したことで、国内政局が混乱する可能性も高まり、
中東和平がいつ軌道に乗るのか全く不透明になった。
 投票当日、ガザ南部で、入植者タリ・ハトゥエルさん(34)と娘4人が車で移動中、
武装パレスチナ人の銃撃を受け、死亡した。同日夜、営まれたハトゥエルさん一家の葬儀で、
一家の隣人だった女性教師パジト・ガンズさん(42)は、「国の安全を脅かし、イスラエル人の
生活を危うくする首相の計画は誤り」と泣きはらした顔で批判した。
 ガザでは、130万人余りのパレスチナ人の中に、約7000の入植者が重武装の軍に守られて暮らす。
首相は入植地撤去が安全確保への道だと訴えたが、多くの党員に聞き入れられなかった。
 リクードの党員には元来、パレスチナ全域でのユダヤ人支配を目指す大イスラエル主義者が多い。
リクードは77年に初めて政権を担って以来、入植活動を精力的に推進してきた。
 それだけに、シャロン首相が党員投票に踏み切ったことを、最初から「危険な賭け」と見る向きもあった。
世界最強の親イスラエル国、米国からヨルダン川西岸の大規模入植地存続について承認を得たことで、
ガザ撤退について党員の理解を得られるはずだという首相の目算は外れ、首相は賭けに敗れた。

讀賣新聞 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20040503id22.htm

2 : ◆MG64yE6TCE :04/05/04 00:30 ID:ELPwtw7x
(ゎ・_・ぉ)<もうさ、さっさとパレスチナに核を(不謹慎ゆえ自粛!

3 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:30 ID:hks3Qb8g
pu



4 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:31 ID:+1Ig7SzP


5 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:39 ID:ptFHNzkg
シャロン提案支持変わらず ブッシュ政権

 【ワシントン2日共同】米ホワイトハウスのマクレラン報道官は2日、
イスラエルのシャロン首相によるガザ地区からの一方的撤退提案が
右派与党リクードの党員投票で反対多数となったことに関し「ブッシュ大統領が
、首相の提案を和平に向けた勇気ある重要な一歩と歓迎する姿勢は変わらない」
との声明を出した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040503-00000038-kyodo-int

6 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:41 ID:0RtEadL1
もうね、徹底的に殺し合ってください。
どちらかが滅びないと終わらないかもしれない・・・

7 : ◆MG64yE6TCE :04/05/04 00:46 ID:ELPwtw7x
(ゎ・_・ぉ)<たとえばユダヤ人がさっさとパレスチナから出て行くとする
      そうするとその入植地に難民がどっと押し寄せる
      で、テロ支援国家完成
      この完成を左翼が応援しているんだからもうどうしようもないわ

8 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:50 ID:lxmuK063
戦いで答えを出す方を選択ですか、
国民がそれを望むのであれば、しかたない話だな
殺し合いたいだけ、殺し合えば、滅びるまでは出来ないと思うが

9 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 00:56 ID:oH+Y2OHm
パレスチナ問題の勝敗は、戦闘によって決まるのではない。

出生率が戦いの帰趨を決めるのだ。漏れの予想では、50年
後パレスチナ人圧勝。


10 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 01:05 ID:IrFRiJnM
> 一家の隣人だった女性教師パジト・ガンズさん(42)は、「国の安全を脅かし、イスラエル人の
> 生活を危うくする首相の計画は誤り」と泣きはらした顔で批判した。

日本の教師とは正反対だな・・・

11 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 01:22 ID:ptFHNzkg

シャロン、撤退計画を修正
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040503-00000115-yom-int

12 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 02:00 ID:J9h/F9Cx
19世紀以来、トルコ、ギリシャ、ブルガリア、アルバニアなど多くの国が
追放または虐殺による国内の民族浄化に成功している。
ドイツは外に出て失敗したがその反作用でポーランド、チェコも成功。
ユーゴ内戦の結果セルビアは失敗したがクロアチアはほぼ成功、
コソボでは逆にセルビア人が消滅に向かっている。

果たして、イスラエルとパレスチナ、どっちが消滅するのだろう。

13 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 02:08 ID:R89TggkB
>>10
両極端のバカってことだな

14 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 03:50 ID:M9tQkt+R
http://www.aish.com/wallcam/

イスラエル嘆きの壁ライブカメラ。
24時間人いっぱい

15 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 06:13 ID:alBNmzK5
>>5
民主的じゃないですね

16 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 06:22 ID:i1L4f19K
ガザのパレスチナ人は約130万、それに対しユダヤ人入植者は約七千人。
これでイスラエル人の多くはガザをイスラエルの国土にするつもりなのか。

ユダヤ人ってのはどこまでも欲の皮がつっぱってるんだな。



17 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 06:33 ID:dzWs8o1k

>  リクードの党員には元来、パレスチナ全域でのユダヤ人支配を目指す大イスラエル主義者が多い。
めちゃくちゃ香ばしいな

18 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 07:00 ID:n3Q3MRxb
>>12
インドとパキスタンもひどいもんだ。
>>16
アパルトヘイト政策だよな。

19 :樋口季一郎:04/05/04 07:08 ID:mLmwCEMD
ユダヤ人なんて助けるんじゃなかった。

20 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 07:19 ID:JQdp3qs2
あらららら…エロい事になってるし。。

大jobか>シャロン
てか シャロンの政策でマトモなのはこれ1っ個だけだった訳だが

21 :ガス室:04/05/04 08:07 ID:Wk0yAbG7
民主主義テロ国家イスラエル
ヒトラーより恐ろしい



22 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 11:04 ID:DnOK+cFP
解説キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

片やテロに対して武力という強硬手段に訴えれば「パレスチナは泥沼化だ」と断じ、
撤退が投票で否決されれば「政局は一層混迷した」と評するだけでは、情勢の判
断にはなんら役立ちません。
マスコミは情勢全体を常に提示することなく、自分らの論調にとって都合のいい事
象だけを報じる、いわゆる「リテリング」―事実ではあるが、バイアスをかけた認識を
伝える―をやってるんです。

強硬派と語られるシャロンという首相は、イスラエル理想主義とはかけ離れた非常
に現実的な政治家で、その意味において妥協的でさえあると言えます。
そもそも、彼が締結したロードマップ自体がイスラエルとパレスチナ双方に妥協を求
めるもので、両者の真の強硬派にとっては受け入れがたいものなんです。
ロードマップ以降、国内では撤退反対の政治的なプレッシャーが強まり、一方ハマス
の連続自爆テロによって益々イスラエル世論が内向きになっていきと、こう着状態に
陥っていました。
両強硬派にとっては、妥協による和平なぞ望んでいない訳で、武力によって領土と
主権を確保しようという意図です。

シャロン首相は、現実的に中庸を取ろうという政策だったのでしょう。
ですから、まずハマスに対してはテロの中心人物たるヤシン師、ランティシ氏暗殺を行い、
同時に自主的な撤退を開始することによって、テロに屈しての妥協ではないことをアピ
ールしたかったのだと考えます。
つまり、暗殺事件からガザ撤退までは政策の一環であり、それは強硬派の封じ込め策
であると読むべきなんです。
事実、アメリカだけでなく、首相のライバルで強硬的なネタニヤフ財務相もこれを支持し
ましたし、国内世論も6割が是としてました。

ガザに既得権益を持つ入植者が多数を占めるリクード党員の反対は予想の範囲内です
から、あとは総選挙で妥協案の信を問うということなんでしょう。
泥酔論説委員の日経の読み方 http://www3.diary.ne.jp/user/329372/

23 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 11:06 ID:khaWeBBX
「国民諸君、同志諸君、最後まで戦い続ける諸君に敬意を表する。すでに戦況は……私はベルリンと運命をともに……しかしナチスは不滅である……たとえ米ソがいったんは勝つように見えようとも……。
そうなのだ、それは砂の上の勝利だ。彼らは世界の真の支配者ではないからだ。彼らの背後で操る者……ユダヤ……イスラエル……世界的なユダヤ国際資本……。
米ソは……おそらく1990年代ごろまで、対立と妥協を繰り返しつつ、世界を運営しようとする。しかししょせん……ヨーロッパと日本、東アジア、イスラム諸国、インド……いずれ世界は米ソの手に負えなくなる。
そのときユダヤはみずから……に乗り出す。あわれなアラブ4カ国……最終戦争。東西が激突するだろう。ユダヤはそれに勝って全世界……なぜならそれが彼らの『旧約聖書』の約束だからだ。黙っておけば必ずそうなる。
しかし、私がそうはさせない。そのための手を、私は死ぬ前に打っておく。それが最後の秘儀である。それによって人類はわれわれを受け継ぐことになる。
しかも見よ、そのあと、わがナチスの栄光、ラストバタリオン……。それが真のハーケンクロイツの日だ。カギ十字の日だ。そのときラストバタリオンが現われる。ユダヤを倒す。
世界を支配する。永遠に……そしてナチスは甦る。真のヒトラーの時代が来る。必ずだ。
甦ったナチスの軍団とその強力な同盟がそのとき来る。宇宙からの復讐のカタストロフィとともに来るぞ。それからが真の究極だ。真の終わりで真の始まり、真の淘汰、天国の地獄、
21世紀のその年に、人類の驚くべき究極の姿……ではそれを明かそう。諸君、それは人類……」


ここで空襲警報のサイレンがけたたましく入った。そのためヒトラー最後の放送も、ここでプツンと途絶えてしまった。


24 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 11:12 ID:njyGCYkI
シャロン暗殺も近いか

好きなんだけどな

賄賂云々は不起訴に決まったんだったかなぁ

25 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 12:02 ID:3Xt8nmeN
ヤシン、ランティシと暗殺が続いたけど、小休止か。
今のハマス指導者って誰? 非公開だけど公然の秘密じゃないの?

26 :月の砂漠の名無しさん:04/05/04 12:26 ID:ZX77uSRC
>>25
漏れ
公然の秘密じゃないよ
かなりトップシークレット

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)